SYNERGY

シナジー活動記
2021/02/24 (水)
樋野 竜乃介

【中途採用担当者向け】人材募集のための採用方法6選

Pocket
LINEで送る

情報技術が進展することに伴い、
採用市場も大きく変わりました。

新しい手法や多様な手法が存在する中で
どのようなものを選べばよいわからないという
方も多いのではないでしょうか?

今回は中途採用における採用手法を紹介し、
それぞれの特徴、メリット、デメリットを解説します。

「自社に合った採用手法が分からない」
「どのような採用手法があるか分からない」
「どのような違いがあるか分からない」
というようなお悩みもお持ちの方ぜひご覧ください。

ぜひ参考にしていただき、
自社の中途採用に生かしていただければと思います。

目次

・通年通して無料で採用できるハローワーク
・無料から有料まで予算を自由に使えるインディード
・求める人材をピンポイントで採用できる人材紹介
・急な欠員補充に最適な人材派遣
・求職者が必ず訪れる自社採用ページ
・自社ブランディングに最適なSNS採用

通年通して無料で採用できるハローワーク

日本で最大の職業紹介であるハローワーク。
近年は実際に来所する求職者だけでなく、
スマホで仕事を探す求職者にもハローワークの求人を
見てもらえるようになりました。

※ハローワークインターネットサービスというハローワークが運営するWebサイトでも公開可能となりました。

そのため、リアルでもオンラインでも
無料で求職者に認知してもらえるのが
ハローワークです。

料金 無料
メリット コストがかからないため、ずっと求人が公開できる
デメリット 記載できる情報量が少ない
こんな企業におすすめ 採用予算が少ない企業、未経験や資格者を募集している企業

 

無料から有料まで予算を自由に使えるインディード

インディードはCMでもおなじみの方も多いかと思いますが、
求人情報専門の検索エンジンのことです。

インターネット上に存在する求人から
インディードが定めた条件を満たしたものを
抽出して集める仕組みです。

インディードの月間訪問者数は延べ3,000万人を超え、
有料掲載だけでなく、無料掲載も可能で、
採用活動の機会が少ない方や
初めて求人を行う方にも
非常に使いやすい採用方法です。

ちなみに、有料掲載の場合、
求人がクリックされた数によって費用がかかり、
自社の予算などに応じて金額を決めることができます。

有料掲載と無料掲載では
ユーザーの目に触れる機会が大きく変わるので
緊急度が高い場合については有料掲載をおすすめします。

料金 有料掲載(クリック課金)、無料掲載が選択可能
メリット 来訪者が多い、予算を自由に変えられる
デメリット 管理が大変、競合が多く、職種によっては費用が高くなる
こんな企業におすすめ 通年で採用を行っている

 

求める人材をピンポイントで採用できる人材紹介

人材紹介会社は、「こういう人がほしい!」と伝えれば、
登録者の中から条件に合う人材を紹介してくれます。

基本的には求める人物像を伝えれば、
それに見合った人を見つけてくれるので、
求職者との連絡も取る必要はありません。

料金は採用に至った場合に費用が発生し、
完全に成果報酬型の会社が多いです。

料金は紹介会社によってまちまちですが、
おおよそ1人につき年収の3割程度が相場です。

料金 成果報酬型で、1人につき年収の3割程度が相場
メリット 採用するまでに費用がかからず、採用の業務の負担も軽減
デメリット 採用コストが高い、自社で採用できる仕組みが構築されない
こんな企業におすすめ 採用コストをかけてでも良い人材を採用したい企業

 

急な欠員補充に最適な人材派遣

人材派遣会社が雇っている人材を、
時給単位で借りるという方法です。

雇用元はあくまでも人材派遣会社なので、
給与の支払いや社会保険の手続きなどは
人材派遣会社が行います。

費用は人材派遣会社によって異なりますが、
専門的なスキルがいる職種ほど、時給が高くなります。

急な人材増員がいる場合などにおすすめです。

料金 働いた時間×時給+人材派遣会社へのマージンを支払う
メリット 必要な期間、必要な人材を雇用できる
デメリット 人材を自社で選べない
こんな企業におすすめ 急ぎで人員増員をしたい企業

 

求職者が必ず訪れる自社採用ページ

求職者が興味を持った企業があれば
必ず見るといっても過言じゃないのが
企業の採用ページです。

貴社の求人を見て興味を持っても
すぐに応募するわけではなく、
採用サイトやSNSをしっかりと見た上で
応募をするか判断します。

つまり、求人が魅力的でも
採用サイトが魅力的ではなければ
応募にはつながらないということです。

求職者は求人→企業採用ページ、SNS等→応募
という流れになるので、
求人と企業採用ページを一貫するかがとても重要です。

採用ページは制作内容によって変わりますが、
現在、簡易的に無料で作成できるものもあるので、
自社に合ったやり方で行うことをおすすめします。

料金 無料〜数百万円
メリット 求人と採用ページの相乗効果で応募数を増やせる
デメリット 外注の場合、制作費が高い、効果までの時間がかかる
こんな企業におすすめ 通年で採用活動を行っているなど、採用活動の頻度が多い会社

 

自社ブランディングに最適なSNS採用

ソーシャルリクルーティングと呼ばれる方法で、
ツイッターやインスタグラムなどを利用して
採用活動を行うことです。

最近は企業アカウントだけでなく、
個人のアカウントを駆使して行う
企業も増えてきました。

自ら会社の情報を公開することで
求職者に自社の魅力を発信でき、
また求職者とのコミュニケーションも
日々の投稿やダイレクトメッセージなどで
気軽に取ることが可能です。

またSNSで繋がっておくことで
求職者の性格や価値観などを知ることができます。

料金 無料(工数はかかる)
メリット 拡散力がある、採用のミスマッチ防止ができる
デメリット 効果が出るまでに一定の時間がかかる
こんな企業におすすめ 長期的に採用計画を立てている企業

 

以上、人材募集のための採用方法をご紹介しました。
ぜひご参考いただき、
貴社に合ったやり方を実践してみてください。

 

求める人物から応募を獲得するための
ハローワーク求人作成ノウハウ無料プレゼント

弊社ではハローワークを活用した
採用のお手伝いをさせていただいています。

中国地方の数多くの会社を支援した
経験とノウハウをもとに作成した
求める人物から応募がくるための
”ハローワーク求人作成ノウハウ”を
無料でプレゼント致します!

ご興味ある方はぜひダウンロードください!

ハローワーク求人作成ノウハウはこちらから

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2019年、新卒で株式会社シナジーへ入社。 ビルメンテナンス事業部、人材派遣の仕事に従事したのち、 現在の経営採用支援事業部へと異動。 自らの現場経験や年間100人以上の求職者との面談経験を生かし、 新卒・中途問わず、求める求職者に魅力を感じてもらう採用活動の設計を 一括でサポートしている。 特にハローワークを活用した採用活動の支援を得意としており、 企業側が見つけきれなかった自社の魅力を見つけ出すことに強みを持つ。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録