SYNERGY

マイナビ2018
シナジー活動記
2017/09/06 (水)
杉原里志

右に行けば、左には行けない。

すべての人が満足する
サービスというのは
本当に難しいものです。

何かに特化すれば、
何かが弱くなる。

でもそれは、
弱みではなく
個性として受け入れてもらう。
納得してもらう必要があります。

やはり私たちは、
常に限りある資源で
経営を迫られるからです。

なので、
ビジョンやミッションは
明確な言葉にする価値があります。

めざす目標像がはっきりしないと、
社員のチャレンジの
方向もはっきりしません。

社員が煮え切らない姿勢に
なるのは当然です。

どんな枠組みで何を目印に
企業を前進させればいいのか
漠然としているから、
迷うのも自然なことです。

組織の目指す旗印を
明瞭な言葉として掲げる
ことができているか。

昨日ここがポイントで
議論が暗礁に乗りかけました。

フワッとしたイメージはある。

けれど、
明確な言語にはされていない。

独自の理念やビジョンという
旗印のもと、
自分たちのアイデンティティを
しっかりと確立する組織は強い
ものです。

単なる受け身ではなく、
現実に流されない
社会的使命や事業の方向性が
明瞭に言語化されれば、

自らの目標像をたゆまず
追いかけますし、停滞しません。

そうなれば、
いつでも発展しつづけ
進化し続けることができます。

ワクワクするビジョンがあるか。

よし、やってやろう。
と、思わせる社会性を担う
ミッションはあるか。

これらを作れるのは、
組織のトップだけです。

明確なメッセージとして
伝え、結束力を高める。

ポリシーのないメッセージは、
どれだけ美しくても、
ただ不毛です。

私たちはこっちの方向に進むぞ。

とまずは全員のベクトルを
一つにすることが大切です。

たとえ社員がそれぞれ
100人100通りの創意工夫を
しようとも、

もし大きなベクトルが
異なってしまえば、
それは単なる利己的な
個人プレーになります。

社員の個性的な取り組み
を活かしスピードアップ
するためにも、

大きなベクトルの決定と
共有は必要不可欠です。

ビジョンやミッションを
考え、共有する。

それができない
ともったいないわけです。

この記事を書いた人
次世代に残すべき企業を称える「2017ホワイト企業アワード」の制度部門で大賞を受賞した、株式会社シナジーの取締役、キャリアコンサルタント。広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP