SYNERGY

KooNe[クーネ] 生産性を高めるアイテム オフィスや休憩室の空間をより快適に演出するアイテムのご提案

KooNe[クーネ]

KooNe【クーネ】とは
KooNeでご提供するのは、「ハイレゾリューション音源*」と呼ばれる高音質・広帯域の自然音源。 自然界に存在する豊かな周波数の再現により音の質感を高めることで空間のクオリティと居心地の向上が期待できます。 CD、配信音源、BGMシステムなど、現在主流のメディア・装置ではこのクオリティは実現出来ません。 KooNeではハイレゾ・クオリティの森・川・波の自然音「Nature Sound Mist」シリーズとオリジナル制作のアンビエント楽曲を提供しています。
<ハイレゾ音源とCD・配信音源の違い>
CDはサンプリングレート44.1kHz/量子化ビット16ビットという規格で、高周波限界域は可聴領域までの約20kHz と限られています。対してハイレゾは、サンプリングレート96kHz/ 量子化ビット24 ビットという高音質、広帯域で録音した音源です。CDの約3倍もの情報量を可能にし、高周波限界域も48kHzまでと、人間の可聴上限を超える高周波成分を豊富に含んだ自然に近い音の再生を実現します。このサンプリングレートおよび量子化ビットの違いによるCDとハイレゾとの音の表現力の差は、約555倍になります。
<ハイレゾ空間における自律神経活動のモニタリング>
老若男女29名に小型自律神経測定機器を装着し、精神負荷の強い百マス計算実施時、音のない安静な状態、ハイレゾが流れる空間にいる状態を比較し、被験者のLF(交換神経)/HF(副交感神経)および心拍数への影響を調べました。その結果、心拍数およびLF/HFいずれも同様の傾向を示し、計算>安静>ハイレゾとなり、安静時と比較でわずかな数値さではあるが、ハイレゾが最も精神的に安定。すなわちリラックス状態であることが分かりました。 <監修>梅田 智広 医学博士/奈良女子大学 社会連携センター 特任准教授、水木さとみ 医学博士・心理カウンセラー
ハイレゾ「自然音」と「アンビエント・サウンド」による KooNeオリジナル・コンテンツ
KooNeでは、屋久島や白神山地といった各地でレコーディングしたハイレゾ・クオリティの森・川・波の自然音をご提供します。森は季節の移ろいと朝・昼・夜の一日の流れを体感でき、お客様の空間で豊かな自然を再現します。また、ピアノ、ギターなど自然音と調和する楽器の音色で奏でるアンビエント・サウンドをご用意します。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP