SYNERGY

シナジー活動記
2019/06/12 (水)
後藤真紀子

夢とキャリア

Pocket
LINEで送る

カレーは飲みもの、後藤です。
実はこれまで自分でカレーをつくりもせずに、
カレー部の部長を自称していました・・・
そんな私ですが、心を入れ替え6月に入って
すでに2度カレーをつくりました。
今後もカレー部 部長として日々精進します。
カレーは別腹ですので、美味しいカレー屋さんを見つけた方は
ぜひ私に教えてください!

さて、そんな私が毎週水曜日を担当することになりました。
カレーのことを好きに語るのも幸せですが、
関係各所から怒られる前に、本題に移ります。

今回のお題は「夢とキャリア」です。
ここでの「夢」とは寝ている間にみるものではなく、
「将来の夢」のことだと思ってください。
この「夢」という言葉を聞いて、
みなさんはどう思われますか?

小さな頃をを思い出してワクワクするひと、
今とのギャップで苦い気持ちになるひと、
様々あるかと思います。

私はどちらかというと、後者に近いと言えます。
なぜなら「夢」がなかったからです。
小学校で「将来の夢」というお題で
絵を描くことになった時は困りましたね。
結果、なんの思い入れもない「夢」の絵を描いて
ほめられた時に罪悪感は今でも覚えています・・・

そんな私が「夢とキャリア」についてお話します。
先行きが不安ですね、発起人となった後輩の胃が心配ですが
つい先日、健康診断を受けていたのできっと大丈夫です!
何ごとも早期発見、早期治療が肝心です。

とはいえ、私ひとりでは心もとないのは事実です。
そこで『クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方』という本と
からめて「夢とキャリア」について考えていきます。

人事・雇用のカリスマ、海老原 嗣生さんの書かれた
こちらの本ですが、どんな本かというと、
「夢はあきらめると、けっこうかなう」という
クランボルツ理論をわかりやすく解説した書籍です。

諦めるの?叶うの?どっちだよ!というツッコミが
聞こえてきそうですね。
そう、そこがおもしろいのです。

来週は、今回取り上げた『クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方』を
わたくし後藤に当てはめてみるとどうなるのか?
検証してみた結果をお届けします。

3か月もあると余裕ぶって、つい来週に続いてしまいました。
次週、乞うご期待!と言ってみたかっただけですが・・・
いいですね、味をしめてしまいそうです。

それでは、のんびりとお付き合いいただけると嬉しいです。

参考文献:海老原嗣生『クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方』講談社

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2014年 新卒で株式会社シナジーに入社。人材ソリューション事業部にて活躍中。1,000名を超える転職相談を受けています。 現場でのライン作業経験もあり、人に寄り添った対応で支援を行っっています。丁寧な面談を行い、企業様へより合った人材を紹介をするため企業様からの信頼も厚い。 また、カレー部の部長を務め、周りを巻き込んでカレーを食べに行くこともしばしば。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP