SYNERGY

シナジー活動記
2019/07/24 (水)
後藤真紀子

好きじゃなくても仕事にしてみたら?

Pocket
LINEで送る

嘘のような本当の話ですが、

私が生まれた日、母は「なんかお腹痛いなー」と

思いながら、カレーをつくっていたそうです。

筋金入りのカレー好き、後藤です。

ちなみに家族もみんなカレーが好きなので、

朝から平然とカレーを食べる一家でした。

 

前回は番外編を挟ませてもらいましたが、

「なんでその仕事を選んだの?」特集をを再開します!

題名は違ったような気がしますが、

内容は変わらないのでお気になさらず。

 

さてカリスマ美容師Y氏の次に取り上げるのは、

クリーニングマスターO氏です。

(自称)東広島市のクリーニング界を牽引する男O氏が、

なぜ起業し宅配クリーニング専門店を

始めることになったのか・・・

お酒があれば、カッコイイことをそれっぽく語れる

O氏にシラフで答えてもらいました。

 

後藤「いつも取りに来てくださって、ありがとうございます」

O氏「まいど、そろそろ羽毛ふとんもクリーニングしといたら?」

後藤「また連絡するんで、回収お願いします」

O氏「はいよ」

後藤「早速ですが、なんで今の仕事をしようと決めたんですか?

   東広島市って大手クリーニング店も多いのに」

O氏「うーん、親が似たようなことをしてたからかなー」

後藤「親の背中を見て自分も、みたいな美談ですか?」

O氏「いやーそれは別にないね!(笑)」

後藤「じゃあ、起業してみたかったとか?」

O氏「たしかにサラリーマンは向いてなかったねー

  でも他の業界で起業して、成功も失敗も経験してたからなあ

  経営の大変さは身に染みてわかってたよ」

後藤「それでも起業したんですね」

O氏「うん、やっぱり親がクリーニングの取次ぎをしてて

  感謝されてた姿は忘れられくて…

  でも『もっとこうすればお客さんが喜んでくれるのに』って

  思ってたことも覚えてた」

後藤「なるほど」

O氏「後はいろいろと調べてみて、

  やるならクリーニングだけじゃなくて

  リペアの時代だと思ったんだよ」

後藤「よくO氏のブログでも取り上げてますよね、

   私の手帳カバーもお世話になりました」

O氏「そう、みんな誰に相談すればいいかわなくて、

  困ってる人もけっこう多い」

後藤「そこにビジネスの匂いを感じ取ったんですね(笑)」

O氏「その通り」

後藤「そして今の日本全国から問い合わせが来るような

  クリーニングマスターO氏があると」

O氏「でも、最近は別のことをしたいなと考えてて」

後藤「そんなこと考えていたんですか?」

O氏「プレジデントアカデミーで『ミッション』について考えたり、

   ずっとブログで自分のことをふり返ったりしてると、

   自分が本当にしたいことが見えてきたんだよねー」

後藤「え、クリーニング辞めちゃうんですか?

   私、困っちゃうんですけど…」

O氏「お客さんに迷惑を掛けないようにするから、そこは安心して」

後藤「そっかぁ、また詳しく聞かせてください!」

O氏「お楽しみに!」

 

自分にとって身近な仕事を切り口に、

地域や社会でのポジショニングを考えて、

今の仕事を始めたO氏。

その仕事と向き合っていくうちに、

本当に自分がしたいことが見えてきたそうです。

フットワークの軽いO氏だからこそ、

本当に自分が

実際にその仕事をすることでしか、

見えてこないこと・気づけないものがある。

クランボルツが

「まずは自分の夢を消化する」ことを重視したのは、

この「気づけないもの」こそが

キャリアを形づくるうえで

大切なものだからかもしれません。

それではまた来週。

 

今回お話をしてくれた、O氏のHPはこちら↓

https://www.omisejiman.net/iwash/

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2014年 新卒で株式会社シナジーに入社。人材ソリューション事業部にて活躍中。1,000名を超える転職相談を受けています。 現場でのライン作業経験もあり、人に寄り添った対応で支援を行っっています。丁寧な面談を行い、企業様へより合った人材を紹介をするため企業様からの信頼も厚い。 また、カレー部の部長を務め、周りを巻き込んでカレーを食べに行くこともしばしば。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP