SYNERGY

シナジー活動記
2019/08/24 (土)
吉本憲矢

望みに賭ける覚悟を持て

Pocket
LINEで送る

仕事や家庭などで、なにかうまくいかないことがあって落ち込んだとき、人に相談したり、本を開いたりすると視野が狭いとか視野を広く持てというアドバイスにぶつかったことがあるかもしれません。

ですが、視野を広く持てと言われたところで、どうすれば広く持てるのかがわからない、そう感じる人もいるのではないでしょうか。視野を広く持つという事はつまり、ひとつの手段に固執しないことです。どれだけの選択肢を持てるかということです。

そのためには、ためしに今持っている手段を捨ててみることです。

 

今考えている手段が使えなかったら、どうしようかと考えて初めて代替案が出てくるからです。

私たちは自分が一度気に入った手段をなかなか手放せません。

(かつてうまくいった方法、苦労して手にした手段などなど)

自分にはこれしかない、というのは大抵思い込みです。ほとんどの場合、他の手段、他の選択肢があります。それを考えようとしないだけです。もうこれしかない、と思ったら、今考えている選択肢を捨てて考えることが仕事をする上で大切な事ではないでしょうか。

 

そして手段を見つけて満足して終わってはいけません。

次は行動に移さなければなりません。仕事で「こんなこと、出来ますか?」と聞かれた時に、「状況を確認し、検討させていただきます。」といった返答をしてはいないでしょうか?こういった返事をしてしまうとチャンスは逃げてしまいます。

 

相手が望んでいることを実現できるか分からない、自信がないと感じているのかもしれません。しかしそれは「100%できるか分からないから」というのは「私には未来が分からないから」と言っているのと同じです。そんな事は当たり前で、単に逃げているだけです。

仕事ではこちらの準備が整うまで待ってくれない事が多くあると思います。つまり「まだ準備できていない」のが、当たり前なのです。では何が必要かというと、求められていることを何としてでも実現してみせる、という「覚悟」が必要です。

 

中島みゆきさんの「ファイト!」という歌にこんな歌詞があります。

 

「勝つか負けるかそれはわからない

それでもとにかく闘いの

出場通知を抱きしめ

あいつは海になりました」

 

まさにこの覚悟です。勝つか負けるか分からない勝負に、「覚悟」を持って挑む。そう言ったことができれば突破口が開けるはずです。

 

以上で今回の記事を終わります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは良い週末を。

 

 

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2019年 新卒で株式会社シナジーに入社。ビルメンテナンス事業部にて活躍中。大学生時代は、陸上部の副部長としてチームを縁の下から支える。現在でも走ることが好きで、東広島を走る目撃情報も。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP