SYNERGY

シナジー活動記
2019/09/01 (日)
樋野 竜乃介

自己効力感と行動の関係性 〜島根県江津市のアサリハウスを訪問して〜

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

毎週日曜日を担当しています、ひのりゅうです!!

 

今週末、島根県江津(ごうつ)市にあるアサリハウスに行ってまいりました。

 

このアサリハウスはオーナーである江上尚さんが

江津市のビジネスプランコンテストで大賞を受賞し、

そこから古民家を改修され、現在のアサリハウスを経営しておられます。

 

江上さんは2016年に東京からIターンで江津市に移住されていますが、

移住してから現在に至るまで様々な取組みをしておられます。

 

ゲストハウス、執筆活動、講演活動、花火打ち上げ師、農業、

石見レストランバス、フジロック出店、コンサルタント業、DMO、キャリア教育…

 

この他にも様々な取組みをされています。

 

なぜこのような様々なことをしておられるのか。

 

それは江上さんの生き方の価値観から来ています。

 

”やりたいことしかやらないと決めた。自分のための人生を生きる。”

 

様々な取組みをしている裏には自分のやりたいを全てやるという志から来ていること

を感じました。

 

1泊2日でアサリハウスに宿泊させていただき、

江上さんのお話を聞いたり、

実際に働いているところにご同行させてもらったり、

実際に働かせてもらったり。

 

バーベキューまでごちそうになりました。。。

 

江上さんにお話聞いたり実際に働いておられる姿を見て、

なんでこんなにもエネルギッシュなのか。

 

それは自己効力感がすごく高いことが関係しているのだと

お話を聞いてわかりました。

 

今回はこのことについて書かせていただきます。

 

まず、自己効力感とは何か。

 

自己効力感とは、、

未来の自分に対する自信 のことです。

 

この反対に

過去の自分に対する自信のことを

よく耳にする自己肯定感  です。

 

自己効力感を高める要因は4つあると言われています。

 

①直接的達成感

②代理的体験

③言語的説得

④生理的・情緒的喚起

 

                  この4つです。

 

この4つを具体的に説明していきたいと思います。

 

①直接的達成感

自分が体験し、達成したことをモノサシとしてくる自信のこと。

 

②代理的体験

自分の知り合いが達成しているのを実際に見た、知っている。

 

③言語的説得

周りが励ましてくれる、一緒にやると言ってくれる人がいる。

 

④生理的・情緒的喚起

気分で変わること。

例:好きな音楽を聞いている時に気分が高まる。

  時間帯により気分が高まる時間、気分が低くなる時間があること。

 

自己効力感を高めることで自分のやりたいを実現してくれる手助けをしてくれます。

そのためにこの4つの要因を意識しながら生活していきたいです。

 

そして、江上さんから言われた

箱に入っている状態

(人の目を気にする、自分を良く見せようとする、できない理由を考える)ではなく、

箱から飛び出す状態にしていきます!!

 

【田舎あるある】

”電車のドアが自動ではない”

 

都会では電車のドアの開放は自動が当たり前ですが、

田舎の電車はドアの開放は手動ボタンで行います。

 

なので、電車のドアが開いていてそのまま入ると

自動でドアが閉まらずそのままドアが開いたままに。。

 

冬だと冷たい風が入ってくるので、

他のお客さんに白い目で見られます。。。

 

皆さま、

田舎の電車に乗られるときは十分ご注意ください。

 

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2019年 新卒で株式会社シナジーに入社。ビルメンテナンス事業部にて活躍中。大学生時代は自身で立案した「海の家 Re:rie」の代表を務めるなど地域活性活動に尽力。その他、野球部キャプテンを務めた経験もある。「誰にとっても居心地の良いコミュニティづくり」を長期目標とし、多くの人とのコミュニケーションを大切にしている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP