SYNERGY

シナジー活動記
2019/09/04 (水)
後藤真紀子

方向性の違い

Pocket
LINEで送る

一部で「カレーの妖精」という呼び名が定着しつつある後藤です。
ごめんなさい、少し見栄をはりました。

ただ社内で「カレー」という単語が話にでるたびに、
こちらを見ている人と目が合います。

これも地道にカレーをネタにブログ書き続けた成果でしょうか?

地道に、という言葉で最近読んだ本に書かれていたことを思い出しました。
それは「頑張っていれば、いずれは報われる」という考え方の危険性です。
大学で行われた実証実験によると、努力の量とその成果の関係は
努力の対象によって異なることが証明されたといいます。

つまり報われない努力を繰り返し、
人生を浪費してしまう可能性だってあるということです。

さらに「成功した人は、それに見合うだけの努力をした」という考え方は、

被害者非難や弱者非難につながるというのです。
要するに不幸な目に遭った人に対して
「そんな目に遭った原因は、本人にある」と思ってしまうのです。

他にも「努力は報われる」という考え方に囚われると
「社会や組織を逆恨みする」ことになりかねないことも
指摘されていました。
自分が報われないのは、社会や組織が間違っているからだ
と考えてしまうのです。

 

これは身に覚えがあるだけに、なかなかに刺さる内容でした。
そして思い出したのが、シナジーのクレドにある一文です。

仕事の成果=能力×情熱×考え方

成果を出すためには、能力や情熱だけでなく考え方が大切。

つまり、こう言い換えることもできます。

報われる=努力×方向性

どれだけ努力をしても、方向性が間違っていれば
報われないことだってあります。
そのことから目をそらして、社会や組織を恨むのは
もったいないように思うのです。

自分がいる会社に対して不満があって、
転職を考えるということもあるかもしれません。
会社への不満と一口に言っても、人間関係や給料・仕事など様々あるでしょう。
ただ不満の内容が「自分の頑張りが報われない」というものであれば、
一度ふり返って考えてみてほしいことがあります。

1.会社やチームの目指すもの(ビジョン)は何か?
2.そのビジョンに自分は共感できているのか?
3.会社やチームの進んでいく方向は?
4.自分の頑張り(努力)の方向性は、会社やチームの方向性と同じだったか?

この4点を考えてみて、
会社やチームのビジョンに共感できても、方向性が違っていたという時には、
その方向性のすり合わせをしてみる価値は、十分にあると思います。

自戒も込めて、会社の方向性と自分の努力について書きました。

さて、長いようで短い3ヶ月限定のブログリレー、いかがだったでしょうか?
リレーはあと数日続きますが、私の更新は今日が最後です。
「キャリア」という固いお題を、どう嚙み砕いていくか迷走した3ヶ月でした。
働き方が多様化している今、社会とのかかわり方も多様化しています。
どうやって社会とかかわり、自分の居場所をつくるのか、
このブログをきっかけに考えていただけていれば幸いです。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2014年 新卒で株式会社シナジーに入社。人材ソリューション事業部にて活躍中。1,000名を超える転職相談を受けています。 現場でのライン作業経験もあり、人に寄り添った対応で支援を行っっています。丁寧な面談を行い、企業様へより合った人材を紹介をするため企業様からの信頼も厚い。 また、カレー部の部長を務め、周りを巻き込んでカレーを食べに行くこともしばしば。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP