SYNERGY

シナジー活動記
2020/02/01 (土)
小濱亮介

早期離職者を募って向かう先

Pocket
LINEで送る

2019年上半期の早期退職募集人数が発表されました。

1月から6月での募集人数は8,178人で早期退職の募集が出たそうです。

 

1年間を見ると余裕で1万人は超えていますね。

 

2018年の早期退職募集人数は年間で4,000人程度でした。

 

2019年の上半期は2018年の年間募集人数の2倍近い人数です。

資料:東京商工リサーチ

 

一番多かったのが富士通の2,800名で、業種別に見ると業績不振の電気機器の会社が目立ちます。

 

年齢で言うと45歳〜50歳以上の役職者以外の人が対象になっています。

 

定年を伸ばそうと言われているこの時代に、相反している気がしますね。

 

2020年はさらに加速していくのではないかと予測されています。

 

一方で新卒採用などの若手採用は止めないようです。

 

少子高齢化問題とは逆の方向ですよね。

 

これからの経営戦略において《どう舵を切るのか》というポイントが出てくると思います。

 

大手企業はどんどん若い人たちを囲い込み

 

45歳以上の人たちは放出していく。

 

採用難はしばらくは続くと言われている中、都心では仕事がなく彷徨っている人がいるかもしれません。

 

地元に帰ろうにも家を買ってしまっていて、出れない。

 

起業しようと思うがその勇気がない。

 

いろんな人が出てくるのではないかと思います。

 

逆に本当に優秀な層はこの背景をしっかりと理解しているため

 

大手企業に1〜2年勤めてスタートアップ企業に転職することも多くなってくるでしょう。

 

様々な選択肢がある中、方向性を決めなければいけません。

 

もちろん今まで通りには行かないでしょう。

 

IT、RPA、AIは自分たちの知らないところで大きく変化しています。

 

どんな会社にして、どういう目的で会社経営をしていくのか

しっかり考えて実行していかなければならないのです。

 

なんとなくうまくいっていたことがそうではなくなると思っています。

 

社員、お客様、関わる協力会社がいる限り、事業やサービスを止めてはいけません。

 

止まらないようにちゃんと学び続けて、

しっかりと足元を見ながら上を見上げ、理想とする会社経営の実現を目指していかなければならないのです。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2010年、新卒でシナジーに入社し、人材サービス事業に従事する。製造業への派遣を主に、生産性の高い業務請負への切替え、総務部門が求めるリフォーム工事まで広い範囲をワンストップで対応する。制約の厳しい製造業において現場を熟知し負担を減らす徹底した提案には、顧客の信頼も高くファンも多い。情報が不足しがちな総務を集めた「総務研究会」を定期的に開催し、総務が手動する良い会社づくりを支援している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

地方の求人や採用、経営についての情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録