SYNERGY

シナジー活動記
2020/03/07 (土)
杉原里志

好きを語るのは難しい

Pocket
LINEで送る

とてもラッキーなことに、あなたには大好きな彼か彼女がいるとしましょう。

あなたは、相手のどこが好きなのか、明確に語ることができるでしょうか。

「優しいところ」「料理が上手」「子供好き」いろいろな要素を並べることによって、

相手の良いところを語ることはカンタンです。

 

ではあなたは優しくて、料理がうまくて、子供が好きな人であれば、

どういった人でも付き合えるのでしょうか。

 

当然、そうではないはずです。

 

あなたが大好きな相手は、確かに優しく、料理がうまく、子供好きかもしれませんが、

それはその人の情報の一部でしかありません。

 

あなたがつきあいたいのはそういう条件を兼ね備えた人ではなく

私が好きになった人であるはずです。

 

大好きな人が仮に料理が下手くそだとしても、

あなたはもっと他に相手の良いところを見つけるでしょう。

 

こういう条件だから好きになったということではなく、好きになった人はこういう良いところがあるよね。

というのが正しい表現ではないでしょうか。

 

好きになってしまえば、良いところはいくらでも見つかるものです。

 

しかし、あなたは相手が誰でも好きになるわけではありません。

やはりあなたには、好きになる相手とならない相手がいるはずです。

 

では、その違いは何なのでしょう。

 

実はそれを明確に語るのは、想像しているよりもずっと難しいものです。

 

こういう人は好きではない。

こういう人とは付き合いたくない。

そういったネガティブなポイントを整理することは決して難しいものではありません。

 

あのお店に行かない理由。

辛いものが苦手で…。と選択するのは簡単です。

服に匂いがつくから、タバコ吸う人とは旅行には行きたくないんです。

こういったものであれば、明確に判断もできるし、話もできる。

 

でも、反対に、このレストランが好きな理由とか、

この人と一緒にいたい理由みたいなものは、一言で表現するのはとても難しいものです。

 

それは、断片的な条件ではなく、

いろんなものが複合的に入り混じって形作られているからです。

 

嫌いになるのは、たった1つの明確な理由があるだけで十分です。

しかし、1つの条件だけで、人を好きになることは、ほとんどない。

 

犬をイジメていたら、その人のことを嫌いになるには十分です。

でも、犬が大好きだからという理由だけでは、付き合ったりはしません。

 

選ばない理由を語ることは簡単ですが

選ぶ理由を明確に語ることは簡単ではないのです。

 

では、選ぶ理由が語れないと何か問題はあるのでしょうか。

 

正直、恋愛においてはさほど問題はありません。

理由などなくても好きだという事実が何よりも重要なので…

 

ですが、ビジネスにおいては、事情が変わります。

顧客自身が選んだ理由を明確に語ってくれないと、口コミにならないわけです。

 

「あそこの会社、いい感じだよ!」「あなたがそう言うなら、仕事頼んでみようかな?」と行動してくれればそれでも良いのです。

でも、実際に何が良いのかがわからない…。違いがよくわからない…。結局途中で発注をやめてしまった。

なんていうこともあるでしょう。

 

口コミというのは、「自分がそこで買う理由」をきちんと伝えてくれることが重要です。

 

「仕事が早いんだよね〜」「仕事が丁寧なんだよね」

「知識が豊富で、仕事を任せておけば良いので安心なんだよね」

 

こんな感じで、相手が選別できるような情報を口コミでしてもらう。

これが口コミの本質だと言えます。

 

小さな会社は顧客にどのように語ってほしいのか

自分たちが決めていかないといけないわけです。

 

ここが曖昧なまま、良さそうなものを羅列していくことで、

顧客が言葉にできない「なんとなく、いい」を作り込んでしまうもの。

 

「なんとなく、いい」は、決して悪くないのですが、「言葉にできる、良さ」を持たない限り、

顧客が口コミしてくれる可能性は極端に低くなるわけです。

 

口コミ・紹介は、経営資源が乏しい中小企業にとっては、とても重要です。

 

自社を、どう紹介して欲しいのか。

言葉にする努力は、本当に欠かせません。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録