SYNERGY

シナジー活動記
2020/09/22 (火)
中田光豊

【書籍紹介】1%の努力

Pocket
LINEで送る

今月ご紹介するのは西村博之さんの
「1%の努力」です。

西村博之さんと言いますと
「ひろゆき」という愛称で
呼ばれることが多いので
こちらの方が馴染みがあるかもしれません。

ひろゆきさんは
日本最大規模の匿名掲示板
「2ちゃんねる」の創設者
英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人
東京プラス代表取締役
未来検索ブラジル取締役
という数々の功績や来歴を持っています。

独特でありながらも
的を射た論評や書籍は

多くの人から支持を得ています。

そんなひろゆきさんが書いた本書では
「レールを外れる人生」の練習
ということで,
最低限の努力で効率的に幸せを手に入れる方法について
書かれています。

例えば、
任された仕事を一生懸命こなす
働きアリではなく

ぷらぷらと外を出歩き、
たまにバカでかいエサを見つけて

巣に報告して運ばせる働かないアリであれとひろゆきさんは言います。

本日はこの本の中で特に気になった
「この壺は満杯か?」
という問いについて

紹介したいと思います。

とある大学の授業で教授が
大きな壺の中に
壺が一杯になるまで岩を詰め

学生に「この壺は満杯か?」と
質問しました。

大半の学生がハイと言いましたが
教授は砂利を取り出し
壺一杯流し込みました。

再びこの壺は満杯か?
と学生に質問します。

学生は自信なさげに違うと思うと答えます。

すると、
教授はさらに細かい砂を取り出し

壺一杯に流し込みました。

再びこの壺は満杯か?
と学生に質問します。

学生は違うと答え
教授は最後に水を壺一杯に注ぎました。

教授は学生に自分が何を言いたいか分かるかと問いました。

学生は
「どんなにスケジュールが厳しい時でも最大限努力をすれば埋められる」
と答えました。

それに対して教授は
「いいや違う、
大きな岩を
先に入れない限り

それを入れる余地は
2度と生まれない」

「大きな岩というのは
仕事であったり、志であったり、
愛する人であったり、家庭であったり、夢であったり君たちの人生にとって
1番大事なものです。
それを最初に壺の中に入れなさい。
さもないと君たちはそれを永遠に失うことになる。」

この話を聞いてみてどのように感じましたでしょうか。

私は自分にとって大きな岩とは何か?
認識するところから始めないといけないと感じました。

1%の努力で、
人生を幸せなものにするためには

まずは自分の大きな岩に気づいて
それを真っ先に壺に
入れるべきなのだと

本書から気付かされました。

この大きな岩の話以外にも
様々な成功法則や斬新な視点について学び得ることができますので
ぜひ一度ご覧ください。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2019年 新卒で株式会社シナジーに入社。ぐっともっと事業部にて活躍中。大学生時代は、広島大学にて心理学、特に表情フィードバックについて学ぶ。現在は、社内に蓄積されているビジネス書籍などを読み、Facebook上でのアウトプットを行う。敏腕副社長を目指し、日々インプット・アウトプットを行う。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録