SYNERGY

マイナビ2018
シナジー活動記
2016/08/08 (月)
シナジー

失敗する指示の出し方を紐解いてみましょう。

【マネジメント】 

~失敗するマズイ指示の出し方~

 

 
いきなりですが問題です。

 
 ~問題~
あなたは、今「ハンバーガー」ショップで副店長として勤務しています。

今日は新入りのアルバイトに、ハンバーガーの作り方を教えることになりました。

ちょうど、「ケチャップの塗り方」講義しています。

 

「ケチャップは、ミートの上に、均一に塗りなさい。

 そのあとで、ピクルスと玉ねぎをケチャップを

 塗ったミートの上に載せなさい」

images

 
さて上記の教え方は非常に”まずい所”があります。

どこが”まずい所”かわかりますか?

 

 
ほとんどの人は、この教え方のどこがいけないのか、わからないでしょう。

おそらく人をマネジメントする立場の人でさえも。

 

 

 

では、どこがまずいのか・・・

 

 

 
マネジメント・指示出しにおいて大事な事は

「2W2R」だと言われます。

 

”2W” とは
①「What(何を)」
②「Way(どうやって)」

”2R” とは
①「Reason(理由)」
②「Range(範囲)」  です。

 

これを元に考えると問題に出てきた副店長の

”まずい所”がわかるはずです。

 

 

それは What(何を)しか指導していない ということです。

 

 

これでは、なんのためにそしてどうやって、

ケチャップを塗るのかがわかりません。 

 

 

ではどうすれば良いのか・・・

「2W2R」です。

 
ただ、何もできない新人相手に2W2Rを

全て伝えると混乱する場合もあります。

 
まずは、2W(何を、What)(どうやって、Way)

をしっかり教えるべきです。

 

ハンバーガー屋さんの場合で言えば

 
「ケチャップは均一に塗りなさい。←(What)

 そのためには、

 ケチャップをミートの真ん中に丸く落とすといいですよ」 ←(Way)

という具合です。

このように指示を出せば、「何をどうすればよいか」

新人アルバイトでもわかるはずです。

 

そして更に2RのR(理由)を付け加えると

更なる効果を期待できます。

 
「ケチャップは均一に塗りなさい。 ←(What)

 
そのためにはケチャップをミートの真ん中に丸く落としなさい ←(Way)

 
そうすればどこから食べても同じ味になります。」 ←(Reason)

 
理由がわかれば、「そのためにやっているのか!」

と教えられる人の”納得度”が上がります。

そして理由を教えることで、その他のことも見えてくるようになります。

 

アルバイト

「(どこから食べても同じ味・・・?

  ってことは、ピクルスも均等に配置した方がいいのか!)」

 

 

いかがでしょうか。

伝え方の工夫一つで、新人アルバイトが

自ら考えるという所までたどり着くかもしれないのです。

 

 

 

 
ちなみにこの話は、

27077847_1 に乗っているものです。

 

これは「雇用のカリスマ」と呼ばれる

海老原嗣生による著書です。

ref_l

 

そして、

その「雇用のカリスマ」によるセミナーが

西条シナジー主催で、開催されます!

このセミナー必ずや皆さまの役立つものとなるはずです。

今回のハンバーガー屋の例に

少しでも「なるほど」や「おっ!」と思った方は

ぜひ参加してみてください!

 

 

※以下詳細
【部下をもつすべての上司へ】
雇用のカリスマ、海老原嗣生を講師に招いたセミナーです。
海老原氏著のテキストを交えて分かりやすく学べるマネジメント論とは。
● 参加費:5,000円(プレジデントアカデミー会員さま無料)
● テキスト『マネジメントの基礎理論』プレゼント
● 要事前申し込み
●場所:広島県 東広島市西条下見6-5-45 西条HAKUWAホテル
●お問い合わせ
president.academy@kk-synergy.co.jp
事務局増田まで

この記事を書いた人
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP