SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2016/10/01 (土)
杉原里志

チームビルディングとビジョンの落とし穴

色々な企業の方から、チームづくりの相談を受けるのですが
その中でよく陥っているあるあるネタです。

Teenagers at summer music festival under the stage in a crowd enjoying themselves, clapping and singing

Teenagers at summer music festival under the stage in a crowd enjoying themselves, clapping and singing

「胸躍る夢のあるビジョン」は組織には大切です。
 ですがそのビジョン(なりたい姿/あるべき姿)の捉え方は、
 だいたい2タイプにわかれるなぁと。

1つめ
「現状」を『直視』し、
 『試行錯誤』前提でビジョンに向かっていくタイプ

2つめ
「ビジョン」を盾に、「現状」を『批判』するタイプ

1. の人の割合が多いとチームは活性化しますし、
2. の人の割合が多いとチームは停滞します。

なので、1.の人の割合を意識するのは重要です。

ビジョンは、そもそも、その目的・役割からして

・簡単に達成されないし、
・そこまでの道のりは、必ずしも明確ではありません。

『試行錯誤』が前提。

だからこそ、

戦略や中間目標を決め、

「息をとめて一丸となって走る」

   ↓

「軌道修正」

   ↓

「息をとめて一丸となって走る」

   ↓
   
「軌道修正」を絶え間なく続けるのが大事。
   
「朝令暮改」は必然。
ここが「ニギれてない」とややこしいことになります。

ここが「ニギれて」ないと、
ビジョンが大きいほど2.の人が増えがち。

『批判しにくい正論』の「ビジョン」を盾に、
現状のネガティブキャンペーンを張るので、
批判的な話をしてるのに、
聞き手は一瞬納得してしまい、影響を受けやすい。

さらに、こまったことに、
本人も2.に属している事に気づいてない事が多い。

作業ができる人がはまりがち。
若い組織にはありがちなパターン。

打開策、うててますか?

この記事を書いた人
シナジーグループの事業を統括管理しています。主に人事系の仕事をしていましたが、かなり何でも屋として活動しています。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP