SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/07/04 (火)
杉原里志

人事評価と面談

以前は、
毎年社員ひとりひとり目標を決め、
達成度をチェックして人事評価をしていた。

平成22年頃だったと思う。

正直、目標未達者だらけ。
本当に悲惨だった。

未達者の意見として一番多いのが、
「目標を忘れていた」
と、いうもの。

笑い話のようだが、
本当に多い。

一時期は
物忘れの激しい社員しか採用
していないのではないか?
と疑ってしまった(笑)

本人がサボっているかというと
そうでもないんだけど、
会社が求めるものとは
ずれていることも多い。

試行錯誤の末に

色々試した結果、
ポイントがある程度明確になりました。

それは、

1.目標設定は、年4回(人事評価が4回)
2.2回分を足して、人事評価(給与評価)を決定する。
3.6週間毎に、目標と実績をすり合わせる
中間面談を行う。

というもの。

これをやったことで、
みんなが目標を忘れなくなった(笑)

本当にみんな、よく忘れる。
達成意欲がないのか?
と、いうと日々頑張っているのだけど。

目標を追っかけるのに、
1年は正直長すぎた。
改善してみたが、
半分の6ヶ月でもまだ長かった。

更に半分の、3ヶ月くらいだと、
近々の目標とすり合わせやすい。

年2回人事評価をすれば、
上がるチャンス、
下がる緊張感、
常に意識することができた。

個々の意志に頼りすぎない
会社の制度というのは、
一定規模になると効果を
素晴らしく発揮するいい例だと思う。

中間面談

5月、6月、7月の評価についての
中間面談をすると、
今回はみんな意識できているよう。

その分、
成果にも繋がっていて、
みんな明るい。

よしよし、
と、思いながらも
結果は最後までわからない。

でも、今までは

中間面談で下回ってて
今から挽回です(汗)

と、いう話をしていたメンバーからすると
成長してる。

24期のEQ2はみんな、
頑張ってくれている。

中小企業でも、
人事評価は大事っていうことで。

経営の12分野 7月はブランディング

7月の経営の12分野のテーマは、
ブランディングです。

先月のポジショニングに引き続き、商品力について掘り下げます。
経営の12分野は会員制ですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

申込みは、こちら

ブランドの核は顧客を超えた「ファン」の存在です。
そのように考えるとブランディングは「ファンづくり」です。

「どうやったらお客さんがファンになってくれるのか?」と徹底的に考えましょう。
お客さんをファンにしようというと、
「そんなことできないよ」「無理だよ」と思うかもしれません。

そこでお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、
知識としては理解できているとは思うものの、
なかなか実践に結びつけられず苦戦している、
という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。

講師 黄塚 森

「起業の学校」アントレプレナーアカデミーを浜口と共に立ち上げ全体を統括する。社内外のマーケティングに携わり、webサイトや印刷物のデザイン・作成から集客、販売までを一気通貫でこなすマルチプレイヤー。読者2万人を超える社内メールマガジン、社外向けの記事 作成にも携わる他、年間延動員数3,000人を誇る人気経営セミナー「経営の12分野」シリー ズの企画など、コンテンツ制作を得意とする。

この記事を書いた人
株式会社シナジー 取締役 キャリアコンサルタント 広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP