SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/07/13 (木)
杉原里志

増える選択肢

昨日のブログは
これからの時代テレワーカー(在宅ワーカー)が増えると、
自由が増え、デキる社員はやる気になって成果があがり
デキナイ社員は手を抜いて、成果が下がり給料が下がるよねっ
という話でした。

成果を出す実力のあるデキル社員に対しては、
「意欲」とか「能力」は評価の対象から外し
成果を評価すればいいですし、

成果の出ない実力のない社員に対しては、
大幅な給与減を求めるのは企業としては
やりやすいので、次第に主流となるだろうと予測できます。

成果の出ない第3領域の社員

多くの日本企業は、時間と働く場所を制限し、
その中でやる気や姿勢も評価してきました。

社員の成長や働き方を4つに分類してみると
こんな感じになり、

マトリクスの1.の部分は
必ず社員を育成する過程で通過するとして、

一定期間経過すると、2.に行き
成果を出す実力のあるデキル社員は
4の領域を勝ち取ります。

成果がでないデキナイ社員は
いずれ3に行くという流れが想定されます。

ここで大切なのが、
第3領域の人材をどう扱うのか
ということ。

成果を評価の中心に据えるとしたら、
成果を十分に出せない社員は、
3.の領域として、
(1)給料が減額された人材
(2)個人の成果は低いが組織にとって価値あるミッション人材

の2つに別れるではないかと想定します。
2つとも、監視付き、時給制で働くという領域です。

人は手段ではなく、目的

組織というのは、成果をあげるデキル社員だけを
集め活躍させることもできます。

成果を上げる社員に対して
高い報酬を支払い、
成果が上がらないデキナイ
社員の報酬を下げるのは
どの組織でも取り入れようと思うと障害は少なく簡単です。

経営者をみてて感じることですが、
人は経営資源であり、
給与は人件費であり、
人は手段。

意外かもしれませんが
これは、勘違いなのです。

結局、経営は、
関わるすべての人を幸せにする仕組みを
どう作るかという活動なので、
人は目的になります。

もちろん経営者によって、
経営する目的は様々あると思いますが、

経営とは、
人が、人のために行う、人の活動。
なので、人は手段ではないのです。

成果の低い社員は成長させる

労働生産人口が減少する中、
有望な人材も、確実に減ります。

そういった中、
平均的な社員や成果の上がらない
社員の成長に力を入れているかどうか。

ここにエネルギーを注がない
組織には、人が集まらないでしょう。

こういう、
コツコツ型の人材を
どのように活躍させる
技術があるかどうか。

そういった取り組みをしている
組織であれば、働く人にとっても、
監視付き、時間給制で働くのは
とても安心して働ける制度で悪くないのです。

ただ、働く側としては、
デキル社員となって自由に仕事をするか、
徹底的に管理されながら働くか、
選択すべき時が目の前に迫ってきています。

意外と大げさなことでもなく、
シンプルに選択肢が増えたと
喜んでいい時代になったのではないかと思っています。

さて、みなさんは
どんな組織をつくりますか。

経営の12分野  ブランディング

7月の経営の12分野のテーマは、
ブランディングです。

先月のポジショニングに引き続き、商品力について掘り下げます。
経営の12分野は会員制ですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

申込みは、こちら

 

【広島】8月26日(土)新卒予定者スカウト型イベントを行います。

Gメン32~採用したいのに採用できない中小企業のための新型・新卒採用イベント~

中小企業の新卒採用は、32人の学生に会うだけで完結する。

『Gメン32』に参加していただきたい中小企業
・手足としての人材ではなく、将来、組織の核になるような人材を求めている
・経営者自らがイベントに参加し、学生を口説ける意欲がある

このような考えをお持ちの企業さまのご参加をお待ちしています。

『Gメン32』イベント当日の流れ

1.シナジーが学生と1対1での面談を繰り返し、絞り込んだ学生のみを、イベントに動員。

2.学生による自己PR説明を聞いたあとで、興味のある学生を指名し、個別面談を行う。

3.学生:企業の参加者=1:1という組み合わせで、面談1回当たり30分、延べ8人との面談(延べ4時間)。1企業から2名が参加するので、接触人数は16人。2回のイベントで、合計32名の学生の中から、最終面接に近い状態でじっくり話ができる。

 

4.欲しい人材を口説き、会社訪問に結びつける。

 

『Gメン32』参画企業のメリット

メリット①中小企業に興味ある人材と会える。

事前に個別面談を繰り返すことにより、中小企業に興味がある、意欲の高い学生だけをイベントに集客。
ナビ・合説型)大手に行きたい学生がほとんど。

メリット②確実に口説ける。

32人の学生と、1人30分間ずつ確実に個別面談でき、じっくりとお互いを知ることができます。
ナビ・合説型)欲しい学生に会えるかどうかは運次第。確率は、限りなく0。

メリット③手間がかからない。

採用前半戦の手間を、シナジーが代行。社長とエース社員1名が、2日間、合計8時間のみ参加すればOK!
ナビ・合説型)いい人材を口説くために、エース級社員を何ヶ月も拘束。

メリット④費用対効果が良い。

イベント参加費用のみ。毎年、40万円の参画費用ですみます。
ナビ・合説型)合説に出るためにナビに掲載、といった理不尽なルール。

お申込み、お問い合わせはこちら

Gメン32~採用したいのに採用できない中小企業のための新型・新卒採用イベント~

この記事を書いた人
株式会社シナジー 取締役 キャリアコンサルタント 広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP