SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/08/20 (日)
杉原里志

【オーナー社長だから、では納得されない】

日本には同じ会社で同じ仕事を
しているだけで給料が上がるという
不思議な文化があります。

ちいさな会社で年功序列は関係ない
だろうと思っていても、
文化とは侵食力があるらしく、

仕事のやっていることは変わらないのに、
長く働いているのに給料が上がらない
と、不満の対象になったりします。

どんなに頑張って働いても、
昨日と同じ仕事を、
昨日と同じやり方でやっている限り、
給料は下がり続けていく。

まずはその事実を
きちんと受け止めないといけません。

ブラックだと会社を罵ってみたところで、
給料が上がることはありません。

それは
会社の問題ではなく、
社会構造の現実だからです。

同じ商品、同じ仕事は、
時間とともに値下がりして
底値までいって、ようやく止まる。

なので報酬を増やしたいのであれば、
転職して勤務先を変えるのではなく、
自分自身の仕事のやり方を
変えるしかありません。

頭を使い、スキルを磨き、
昨日よりも短い時間で、
昨日よりも大きな成果を上げる。

その結果、給料が上がる。

重要なのは日々の仕事に、
少しずつの変化を加え続けること。

 

小さな会社の場合、
社長はオーナーを兼ねていることがほとんどです。

ほとんどの社長が自分の報酬を
自分で決めることが出来ます。

その結果、自分の仕事の価格を
見落としてしまいがちです。

社員を雇い、管理して、利益を上げる。

会社全体で出た利益=社長の出した利益

こういう構図で考えている
経営者はたくさんいます。

ですが実際には、その利益は
みんなで出した利益です。

社長には色んな仕事があります。

・資金繰り
・優秀な人材を集める
・人を育てる
・経営戦略を考える
・新商品を開発する
・販売チャネルを作る

もちろん、これらは
社員の仕事でもあります。

社員に任せられる仕組みを作ることもまた、
社長の重要な仕事です。

問題は社長の仕事の価格です。
全社の利益は社員みんなで作った利益です。

その中で、社長の貢献度は何%くらいなのか。
それを客観的にジャッジする必要があります。

自分がいないと会社は成り立たない。
そう考えている社長は多いものです。

ほとんどの場合、それは事実です。
ですがその一方で、
社員がみんないなくなれば、
やはり会社は成り立ちません。

一人ひとりの黒字や赤字が積み重なって、
会社全体の利益額が決定します。

社長もその中の一人に過ぎません。

成果に対して、
報酬を取り過ぎれば赤字の社長、
利益を残していれば黒字の社長
となります。

では、会社が黒字なのに赤字の社長、
というケースはあり得るのでしょうか。

社長はほとんど何もしていないのに、
仕組みとして利益が上がっていく。

会社が黒字だったらいいじゃないか。
その中から報酬を得るのは当然の権利だ。
その通りです。
法的には何の問題もありません。

問題は、社員が納得するかどうかです。

オーナー社長であるという理由で、
とんでもない報酬をもって行く。

一昔前なら当たり前でした。
ですがこれからは、
成り立たなくなるでしょう。

優秀な人材が、
どんどんいなくなっていくからです。

社長だから、リスクを負っているから。

それだけで報酬を稼げるような
時代ではありません。

リスクを負い、社員を雇い、管理する。

この仕事はもう既に
値崩れを起こしています。

現場で仕事を抱えすぎることなく、
丸投げで社員を疲弊させるわけでもない
社長の仕事術。

社長の仕事、
アップデートするためのイベントを
行います。

\  なぜあなたは現場を離れられないのか  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『 社長が現場を離れるために必要な7つのこと in 広島 』 ■

多くの社長が「脱現場」を実現してきた
「会社の設計方法」を大公開します!

【2017年10月19日 広島開催!!】
>>> https://president-ac.jp/7keys_hiroshima/ <<<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 講師プロフィール ▼

浜口 隆則(はまぐち・たかのり)
株式会社ビジネスバンクグループ 代表取締役

横浜国立大学教育学部卒、ニューヨーク州立大学経営学部卒。会計事務所、経営コンサルティング会社を経て、大好きな起業家を支援する仕事をするために20代で起業。「日本の開業率を10%に引き上げます!」をミッションにした株式会社ビジネスバンクを創業。数千社という起業・経営の現実を見てきた「起業の専門家」でもある。創業時にてがけた起業家向けオフィス賃貸の「オープンオフィス」は”レンタルオフィス”という新しい業界を生んだリーディングカンパニー。その後2012年9月に自身の掲げるミッションにより近づくために「オープンオフィス」を譲渡。社名を株式会社ビジネスバンクグループに変更し、会社は第2創業期を迎える。起業専門会計事務所、ベンチャーキャピタル会社、起業家教育事業など、起業支援サービスを提供する複数の会社を所有するビジネスオーナー。アーリーステージの事業に投資する投資家(エンジェル)でもある。「幸福追求型の経営」「戦わない経営」「小さな会社のブランド戦略」など、独自の経営理論にはファンが多く、著書も多数出版している。2011年からは経営者向けの講演活動を本格的に始め、日本中を飛び回る日々を送っている。プライベートではテニスやトライアスロンなどのスポーツを愛するアスリートの一面も見せる。

著書に
「戦わない経営」
「仕事は味方」
「誰かに話したくなる小さな会社」
「エレファントシンドローム」
「マイクレド」
「社長の仕事」
「起業の技術」
「起業したくなったら」
などがある。

————————————————————————————
■ 『 社長が現場を離れるために必要な7つのこと 』 ■
【広島】 10月19日(木)18:30〜21:00

詳細とお申し込みはこちらから
>>> https://president-ac.jp/7keys_hiroshima/ <<<
————————————————————————————

▼ 開催概要 ▼

【テーマ】「社長が現場を離れるために必要な7つのこと」特別講演会

【講 師】 浜口 隆則(はまぐち・たかのり)
株式会社ビジネスバンクグループ 代表取締役

【日 時】 2017年10月19日(木)18:30 〜 21:00
(開場:18:00)

【会 場】 TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前
(広島県広島市南区大須賀町13-9 ベルヴュオフィス広島)

【地 図】http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-hiroshima-ekimae/access/

【交 通】 JR各線「広島駅」南口より徒歩2分

【対 象】 起業家・経営者

【定 員】 130名

【受講料】 一般の方:5,000円(税込)
3名価格:10,000円(税込)
会員様 :3名まで無料

————————————————————————————

この記事を書いた人
次世代に残すべき企業を称える「2017ホワイト企業アワード」の制度部門で大賞を受賞した、株式会社シナジーの取締役、キャリアコンサルタント。広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP