SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/08/30 (水)
杉原里志

なぜ採用できないのかを、考えない

ある程度採用活動を
している会社向けの話です。

採用するときに、
どうやれば自社の強みが
明確になるのかという
相談があります。

よくある質問なのですが、
強みに目を向けるときに
大切なのは、
過去を認めること
だと考えています。

つまり、選ばれてきたのだという
自信を持つこと。
そして次にするべきことは、
選ばれている理由を考えること。

業績があがらないときや
採用ができないときは決まって
「なぜ選ばれないのか」
と考えてしまいます。

それを徹底的に分析して
対策をするとします。

日本人が大好きな、
改善活動です。

その繰り返しだけが
企業を成長させるのだと、
よく私たちは考えます。

そのやり方は間違いだとは
思いませんが、それだけを
どれだけ繰り返しても、
選ばれる会社にはなりません。

社員にしても、
お客さんにしても、
考えないといけないのは、
なぜ選ばれないのかではなく、
なぜ選ばれているのか。

なぜ、当社を選んでくれているのかを、
徹底的に考えないといけません。

私たちは、どうでしょう。
選ばれたいばかりに、
ついつい
「なぜ選ばれないのか」
の対策ばかりを講じます。

それは短期的には
成果があるかもしれませんが、
根本的な解決策にはつながりません。

独自の特徴には、
弱みに見える部分と
強みに見える部分が共存します。

重要なのは、
選んでくれなかったり、
辞めていった社員ではなく、

今、働いてくれている人や、
今、買ってくれている顧客です。

目の前の動いてくれない人に
心を動かされてはいけません。

中小企業は、悩みの大企業。

終始経営資源は常に
不足しているのが
あたりまえなので、

全ての人を幸せにする
経営はできないと
割り切ることから考えます。

その上で、
幸せにできる人だけを集める。

小さな会社ほど
いびつになるのは、
とても自然なことです。

あらゆる人が、どんな仕事でも、
短い時間で、高い生産性、
高い付加価値を
もたらすことなんてできません。

中小企業こそ、
選ばれた人が、
選ばれた顧客にだけ
商品やサービスを提供しないと
成り立たないのだと考えます。

この記事を書いた人
次世代に残すべき企業を称える「2017ホワイト企業アワード」の制度部門で大賞を受賞した、株式会社シナジーの取締役、キャリアコンサルタント。広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP