SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/09/04 (月)
杉原里志

損得と、無言電話

昨日は東広島YEGの活動で、
家族交流会を行いました。

YEG会員は、
普段は商売をさせてもらっている
地域にむけて様々な活動をして
います。

その活動故に外出することも多く
しっかり家庭での時間を
過ごせていない事実もありますが、

それでもYEG活動ができるのは、
家族の支えがあってだからこそ。

そういう思いで、
家族への感謝、
更には会員同志の
家族の交流のきっかけづくり
ということで
家族交流会という
イベントをおこなっています。

こういった活動を通して、
色々なものが見えてきます。

今回の企画は、
自分で出したものがなく、
周囲のメンバーや、
先輩に考えてもらったものが
大半でした。

泥をこねて団子にして、
その泥をお酒をのむおちょこで
ピッカピカに顔をうつるくらい
磨き込んでいく遊び

大人も子供も楽しめます

赤ちゃんや子供の手形や足形を
残す「手形アート」「足型アート」の企画

子供の手形や足形をポンっと押して、
後はママやパパが書き足すだけで
かわいく完成します

瓦に下絵を描いて
専用の顔料で色を塗り、

最後は焼き付けて
きれいに発色させる
瓦アート

色々な企画を一度に行い
事前準備も当日にも
手を捕られた
メンバーが多くいました。

世話好きで、
自分の特にならないことでも、
平気で引き受けてしまう。

そういう人っていますよね。

いいひとそうだけど、大成しない。
そういうイメージがあります。

ドラマや小説などに出てくる
いい人は、いい人であるが故に、
そんな役回りばかり引き受けています。

他人のことを優先してしまい、
自分のことは後回し。
結果、損ばかりしている。

でも、
損することは絶対にしない。
得をする人としか付き合わない。

そういう人からは、
人は少しずつ離れていきます。

自分が得をするために、
周りに損を強いるからです。

あの人は、
自分が得をすることばかり考えている。
こちらは損ばかりしている。
と思われるからです。

反対に、損を取れる人は
周囲に人が集まってきます。

あの人と、一緒にいると、得をする。
あの人は、相手のことを考えてくれる。
多くの人がそう感じるからです。

誰かが教えてくれました。

人は奪い続けることは不可能だと。
奪えば奪うほど人が
離れるからです。

ですが、
与え続けることはできるのだと。

与えても、与えても、なくならない。
なぜなら人が、縁や仕事を
運んでくるからです。

まずは、与えよ。
聖書にそう書いてあるそうです。
※読んだことはありませんが。

とても高尚な行動で
宗教的な発想に思えますが、
それは、違うこと。

見ているのは神様ではなく、人。

宗教ではなく、
社会心理学。

人に好かれている人が、
社会で成功する。

とてもシンプルなお話です。

たくさんの人に協力してもらい、
家族交流会を終えることができました。

早朝から手伝ってくれた人、
泊まり込みで準備に来てくれた人、

ありがとうございました。

このブログをかいている最中
昨日がんばってくれた
メンバーから
電話がかかってきました

無言電話

寝息が聞こえるので、
寝てる最中の誤発信だと思います(笑

本当に、お疲れ様でした。

与えられたことを
忘れませんので。

この記事を書いた人
次世代に残すべき企業を称える「2017ホワイト企業アワード」の制度部門で大賞を受賞した、株式会社シナジーの取締役、キャリアコンサルタント。広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP