SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/09/11 (月)
杉原里志

ビットコインの相場と社長の仕事

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」が8月1日に分裂した。利用者離れが懸念されたが、ふたを開けてみれば価格はうなぎ上りで、すぐに最高値を記録。分裂で誕生した「ビットコインキャッシュ(BCC)」の価格も上がりつつある。騒動で逆に名前が知れ渡り、買いが集まった格好だ。特にビットコインは、緊迫化する北朝鮮情勢を受けリスク回避から資金が流入して高騰しているもようで、今後も「地位」が向上して価格は上昇しそうだ。しかし、分裂騒動が再燃する可能性もくすぶり、急落のリスクを指摘する声もある。

最高値更新、年初の5倍

取引所大手のビットフライヤーによると、BTCの価格は15日に1BTCあたり49万8200円を付け、最高値を更新した。現在は46万円前後で推移している。今年初めには10万円前後で取引されており、約5倍にも跳ね上がったことになる。

ベンチャー企業らしい、
システム上の穴を

中国の企業とどう
埋めるのかで揉め

価格が急落するかと
思いきや、

年初に比べると
約5倍くらいまで
跳ね上がっている
ようです。

価格変動が激しい
仮想通貨ですが、
この振り幅は

JASDAQや
マザーズのような
上がり幅がありながら、
全体的な上昇基調。

5倍までいくと、
やはり気になりますね。

 

投資は気になると思いますが、

人の会社に
お金を出すくらいなら、

自分自身や
自分の会社に投資して
リターンを得るほうが
利益率は圧倒的に高く
なります。

ビットコインではありませんが、

「自社の売上を5倍にして、
10億円くらいしたい!」

というお話を聞きます。

こういったとき、
社長さんの頭にある
仕事のイメージは

今ある仕事を増やし、
社員を増やし、
売上を増やしていく。

こういったイメージで
話をされているのが
本当にわかります。

2億円の企業が
10億円になるためには、

もうほとんど全部、
といって良いほど

社長の仕事を
変えていく必要があります。

会社が大きくなるときに、
社長のやることは
変わるのですが、

つまり、
1.社長は現場に出ない
2.お客様の相手を直接しない

この2つを守りつつ、

社員だけで仕事を受注し、
安全に回るようにする。

こういったビジネスモデルを
しっかりとつくる必要があります。

この2つ。

この2つをやらないのは
とても大きいのです。

商品、サービスを
社長が提供しない。

営業を社長がしない。

そのためには

経営そのものの
設計図をつくらないと
いけません。

設計図の作り方は、
ぜひ、


社長が現場を離れるために
必要な7つのこと

に、ぜひ参加してみてください。

今なら早割で、
さらにお得です。

さらに今回は早割価格もご用意させていただきました。9月19日(開催1ヶ月前)までのお申込みに限り参加費3,000円とさせていただきます。ぜひ、今すぐにお申込みください!

主催はシナジー×ビジネスバンクグループ

この記事を書いた人
次世代に残すべき企業を称える「2017ホワイト企業アワード」の制度部門で大賞を受賞した、株式会社シナジーの取締役、キャリアコンサルタント。広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP