SYNERGY

杉原活動記
2017/09/26 (火)
杉原里志

過去と未来と、ムダのセンス

Pocket
LINEで送る

というものがあります。

 

HPには、

と、書かれています。

 

地元で生まれた
素敵なデザインの商品を表彰して
多くの人に知ってもらおうという企画です。

 

 

広島広域都市圏に事業所を有する、
企業もしくはデザイン事業者が

製造又はデザイン開発した
商品またはパッケージで、
既に市販されているものが対象です。

 

 

 

今回、
鉄加工のシンプロテック
植物&ビオトープの西条庭園
ビジネスデザインのシナジーで
共同開発した

PazGreen(パズグリーン)が

2017ひろしまグッドデザイン賞
奨励賞受賞しました。

 

 

 

 

このPazGreen(パズグリーン)
どういったものかというと

この様な、室内緑化システムです。

 

 

 

ポイントは、
緑化ユニットがあり

 

 

そのユニットを
自由に組み合わせて
レイアウトを変えることができます。

 

 

緑化ユニットだけではなく、
音で人のストレスを軽減し
更には水の入れ替えが不要な
ビオトープ(水槽)がついています。

 

 

特許侵害の有無、
他社製品とのポジショニング
プロダクトのクオリティ向上を
求め何度も打合せをしました。

本当にどうなるかわからにものに
時間を使いました^^;

過去の実績で未来は決まらない

3社、それぞれの協力もあり、
社内では、
多くの社員の協力もありました。

随分と時間も取られましたが、

やはり、
過去の実績で未来は決まりません。

 

なぜか、
過去の実績で未来が決まると
思っている人は多いのですが、
現実では過去の実績で
未来は決まりません。

 

未来の実績が、
過去に対する評価を
決定しています。

 

「ベンチャー企業」とは、
革新的なアイデアや技術をもとにして、
新しいサービスやビジネスを
展開する企業を意味します。

その殆どが市場的に見て、
有りなのか無しなのかさえ
わからないことに挑みます。

 

失敗すれば、

ほらみたことか。
あいつはいつもムダなことをして。

と、言われるでしょうし、

 

 

成果を出せば、
そのムダのセンスが素晴らしい

と、言われるのかもしれません。

 

 

おそらく同じ過去の行いに対して
評価は180度変わってしまいます。

 

 

過去の実績が
未来を決めるのではなく、
未来が過去を評価する。

 

また、これからどう変化を
するかはわかりませんが、

未来を掴み取れば、
過去の評価も一変する

かもしれませんね。

───   ぐっとくる会社を、もっと。   ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業向け】
大学生スカウト型採用 Gメン32
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP