SYNERGY

杉原活動記
2017/11/05 (日)
杉原里志

ちょっとした工夫で成果をあげる

Pocket
LINEで送る

秋も深まってきました
妻に連れられて
広島大学の中で
紅葉がきれいな場所を
見に行ってきました

 

見に行く日程が
ちょっとずれるだけでも
景色の表情が変わってきます

 

これからの季節は
日々ちょっとした紅葉の変化を
楽しむことができますね

 

ちょっとした工夫で採用力をあげる

採用活動においては
ちょっとした工夫で
差別化を図ることができます

 

ほとんどの中小企業において
採用マーケティングには
改善の余地が多くあります

 

どの中小企業も現状よりもよい
採用を行うことは十分できます

 

問題は採用強に対して
的確な手をどのように打つか

 

とてつもなく当たり前に
感じることではありますが
応募者に対して

 

・公平な態度で接する
・応募者を尊重する態度
・社会に対する配慮
・面接者の訪問に応募者向けの
ウェルカムカードを置く
・面接者が訪ねてきたら
○○さんですね。
「お待ちしておりました」
と一言付け加える
・すれ違った社員は
必ず「こんにちは」と
明るく挨拶する
・訪問後には電話やメールで
お礼の連絡をする

 

これくらいのことでも
応募者の
好感度を上げることは可能です

 

というか、これくらいのことが
意外としっかりと行えていない
企業がまだまだあります

 

お客様と同様に
応募者と向き合うこと

 

採用が上手くいかない企業は
こういったフェーズで
つまずいていることは多いものです

 

できる人材は五感のすべてを
使ってこの会社で良いかどうか
を判断しています

 

まずは、基本的な
自社の好感度をあげる行動が
採用を強化するポイントに
つながります

 

そうはいっても
社員がすれ違いに
高感度の高い挨拶をする

 

これは簡単に
教育できるものでもありません

 

思いの外、地力がでるものです

 

リクルーターから発信してほしい2つの情報

 

リクルーターを
通じて伝えてほしい
情報は2つあります

 

一つは
そのリクルーターの思い

 

もうひとつは
現場でのリアルな話しです

 

それを一方的に話すのではなく
相手の聞きたいことを察しながら
わかりやすく伝えること
できると効果的です

 

一方的に話すと
演説的になってしまい
説明を受けた感覚が残ります

 

しかし応募者発信の質問に対する
回答にその2つが上手に混ざると
説得力が増します

 

「私はこう思うんだよね」
「私の見解だけれど」

 

とリクルーターが
自分なりの価値観や考えや
をしっかりと語る

 

そういったクローズで個人寄りな
情報には、リアルな説得力が宿ります

 

少しの工夫で効果がでる
ものもありますので
採用活動は全員で取り組んでくださいね
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP