SYNERGY

杉原活動記
2017/11/09 (木)
杉原里志

「自分事」の反対は「他人事」ではなく【もう少し厄介】

Pocket
LINEで送る

今日は第15回目の
ひろしまグッドデザイン賞の
授賞式及び展示会が
広島地下街シャレオでおこなわれました

 

今回はプロダクト部門の
奨励賞

 

株式会社シンプロテック
株式会社西条庭園
株式会社シナジー

 

3社が共同開発した
商品ということで

 

 

 

3社とも賞状に
社名を記載していただけました

 

 

 

今回オフィス緑化を簡単にする
というコンセプトで開発した
この『PazGreen』の講評ですが

 

パーテンションだが立体的に
観葉植物を配置でき
水槽もアクセントになっている

 

植物に撒いた水が濾過されて
水槽に戻りメンテナンスフリー
になる仕組みは秀逸

 

この商品の表面的なデザイン
だけではなくしっかりと
コンセプトや技術面も理解して
評価されているようで
嬉しさは倍増です

 

評価されるにしても
評価されないにしても
理由が伝わると納得度はあがるものです

 

いつも書いていることですが
自分たちの強みをしっかりと
出してカバーしあうことは大切です

 

しかし自分の強みしか気にしなければ
それも上手くいきません

 

コンセプトやプロダクトの
デザインはこれでいいのか

 

もう少し改良ができないのか

 

それぞれの担当者が
一歩踏み込むことが大切

 

こういったところで
距離をとってしまうと
自分の仕事にならなくなります

 

世間では自分事の反対は「他人事」
という図式で語られる事が多いのですが
プロジェクトやビジネスの領域では
反対は「他人事」とはなりません

 

厄介なのは
仕事における自分事の反対語は
「みんな事」

 

ある人が教えてくれましたが
「これは私の仕事だ」
と考えるのではなくて
「これは私の仕事ではない」
と逃げるのでもない

 

厄介なのは
「これは私たちの仕事だ」
と考えているひと

 

仕事はチームですることが多く
一人で担当したとしても
上司がいてクライアントもいます

 

そのため自分の問題ではなく
「みんなの問題だ」
と考えてしまう傾向があります

 

それは決して間違っていませんが
そう思っている限り本気で考える
社員は簡単に育ちません

 

みんなで一緒にやるとか
考えようというのは一見すると
よいことのように思えます

 

しかし、こればかりやっていると
自分の頭で考える人材が育ちません

 

「みんなはどう思いますか?」
「みんなの意見をまとめよう」

 

打合せでよく耳にする言葉ですが
これは自分の頭を徐々に使わなく
なってしまう台詞だといえます

 

多数決で経営ができるなら
多数決でよい商品や
企画が生まれるなら

 

そこに自分が存在する意味はありません

 

仕事に加わる意義は
自分自身の頭を使い
その人でなければ出せない
「何か」を提供することにあります

 

手前味噌な話で恐縮ですがそれでも

今回の受賞は

 

試行錯誤を何年も重ねた
西条庭園の持つ特許技術を使い

 

小さな仕様変更を延々と続けた
シンプロテックの力があり
それぞれが自分事として考えた

 

そこが強みとして出ました

 

もちろんそれでも
自分が考えて失敗する
こともあるでしょうが

 

成功しても失敗しても

 

こういう風にやったら
こうなるのではないか?

 

と、予測や仮説を立て
実際にやってみた行動が
成功したとか失敗したという
成果に結びつきます

 

もちろん失敗するよりも
成功するほうがいいのですが

 

たとえ失敗しても
大切なのは予測や仮説を
立てた上で考えたプロセスを通る

 

そういったプロセスを通っての
失敗ならそれは貴重な経験です

 

 

結局お互いの強みを持ち寄ったものの
それぞれが自分ごととして向き合って
積み重ねたものが評価された

 

今回はいい勉強をさせてもらいました


 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP