SYNERGY

杉原活動記
2017/11/14 (火)
杉原里志

生産性を高めるために、まず払うもの

Pocket
LINEで送る

ノーベル賞2017
医学生理学賞が発表されたようです

この医学生理学賞は
生き物の一日のリズムを刻む
「体内時計」の仕組みを解明した
米国人研究者の3人に
授与されるとのこと

 

人を含む動物や植物は
地球の自転によって起きる
昼夜のリズムに合わせて
代謝や睡眠などの活動が起きています

 

海外旅行でリズムが狂うと
時差ぼけになったり
することもありますよね

 

こういった体内時計の仕組み
まだ解明されていなかったらしいのですが

 

この3人は
ショウジョウバエを使った実験で

 

昼と夜のリズムに合わせて
働き具合が変わる遺伝子を発見します

 

この遺伝子が働かないようにすると
体内時計の機能が
失われることを
実験で確かめたとのこと

 

 

 

人間は
朝、目が覚め
夜、眠くなる

 

これは体の中に生まれつき
備わっている
体内時計のおかげなのは
よく聞く話ですが

 

眠りの深さや
血圧の上昇、体温調節などの
人体の機能と関連して

 

夜更かしなどでこの時計が狂うと
高血圧や肥満などの

 

生活習慣病、うつ病などの
精神疾患になりやすくなるようです

 

現代社会で増加している
不眠症や睡眠障害は

 

夜型の生活による時計の乱れが
関連しているとの指摘もありますので

 

べたですが
時計を正常に動かすためには
規則正しい生活が必要なのでしょう

 

体内時計の仕組みは
どんどん解明されていきそうです

 

 

では、仕事の仕組みは
どうでしょう

 

仕事に「仕組み」を
取り入れることで
仕事量と労働時間を減らし
安定した成果を上げることを
多くの管理者は求められています

 

最近では「仕組み」という言葉は
「生産性」という言葉に置き換わり
世の中の関心を集めています

 

しかも「生産性」という言葉の重みは
10年前の比ではありません

 

生産性の向上は
労働人口が確実に減る
日本の至上命題となっています

 

さらに人工知能やIoTの普及が始まり
大手企業は生き残りをかけて
生産性を追求せざるを
得ない状況になりつつあります

 

また世間的にも
ブラック企業に関する
報道の影響もあってか

 

「長時間労働=
という認識が広まっています

 

それが何を意味するかというと

 

生産性が多少低くても
残業でカバーできているならよし

 

という日本企業独特の評価方法が
徐々に終わりを迎えつつあるということ

 

「仕組み」を使って
生産性を上げることは
仕事で成果を出すという
前向きな理由だけではなく

 

自衛手段としても
その重要性が増しています

 

しかし、現実問題として「仕組み」の
重要性についてしっかりと理解して
なおかつ徹底的に実践している人は
どれくらいいるでしょうか?

 

私の肌感覚では
まだまだ少数派だと感じています

 

「仕組みなんてとっくに取り入れている」

 

と思っていても
よくよく話を聞いてみると
気合いや根性がその仕組みの中に
混ざり込んでいるケースもよくあります

 

本音では
「定時に帰るだなんてやる気あるのか!」

 

と思っている中小企業の
経営者も多いと思いますが

 

25%の割増を支払っても
どんどん儲かる粗利率で
仕事をされているのかもしれません

 

ヒトが行うサービスで考える場合

粗利40%のビジネスでも
25%割増すれば
15%しか残りません

粗利30%のビジネスであれば
5%しか残りません

 

残業推奨型の社長さんは
いったいどれくらいの粗利率で
積算されているのでしょう

 

残業をさせて稼ぐというのは
割の悪い仕組みだと思うのですが

 

中小企業の経営者は
あまり残業代を
支払っていないのも事実

 

まずはちゃんと残業代を
支払うことから
はじめないといけませんね
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

地方の求人や採用、経営についての情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録