SYNERGY

杉原活動記
2017/12/01 (金)
杉原里志

Evernoteは、ただのメモ帳です

Pocket
LINEで送る

先日手帳は思考の方向性を整理して

 

一時的なメモはメモ帳を利用して
スケジュールは管理は
Google カレンダーを利用する

そういった内容を書きました

 

しかし一時的なメモ以外は
メモ専用のクラウドサービスを
利用しています

 

2010年頃ですが日本でも
クラウド上に情報をメモする
Evernote(エバーノート)の日本語
サービスが開始しました

 

たしかその2年くらい前から
利用していたように思いますので
Evernoteには9年くらい利用料を
支払っている計算になります

 

先日三重県のIT会社が
Evernoteのセミナーを行いましたが
ものすごい行きたかったですよね

 

 

Evernoteの利点
どこでも見ることができて
編集することができる検索機能

 

自分だけのデータを
インターネットで調べる動作と
似ています

 

そして、その編集の手軽さです

 

人は忘れる生き物です
しかし、思い出すこともできます

 

Evernoteは
記憶の奥底に眠っている過去を
呼び起こすことができる
記憶のトリガーになりますので
せっかくなら一度使ってみてください

 

とはいっても

 

Evernoteとは、ただのメモ帳

 

Evernoteは、単なるメモ帳です

 

もちろん、紙の手帳にはない
メリットがたくさんありますが
基本的にはただのメモ帳です

 

では、Evernoteの具体的な
メリットは何でしょうか

 

・検索機能が使いやすい
・整理整頓がしやすい
・多くのデバイスから閲覧・編集できる
・メモの種類が豊富
 (写真、音声、動画、Webサイトなど)

 

こういった特徴を活かそうと
多くのEvernote愛好者が
試行錯誤をしており

 

実際そのような様々な活用方法が
雑誌でもWebサイトでも多数紹介
されています

 

それらを見ると
とてもすごそうなツールに思えますが
基本的には単なるメモ帳です

 

単なる手帳でも毎年
手帳活用術的な記事特集が
組まれるように

 

汎用性が高く
やればやるだけ成果も出やすく
自分がこだわれば
使いやすくなるツールだからです

 

ただ、記録をしていけば
基本的にはそれだけでも大丈夫です

 

以前、妻とEvernoteで
リストを共有したことがありましたが

 

単なるアーカイブとして利用しており
定期的にみることをしなかったので

 

妻が、行きたい場所リスト
頻繁に更新していたのを見落として
がっかりさせてしまったことがありました

 

※Evernoteの共有活動は
 それからしばらくして中断されました・・

 

基本的にはメモ帳なので
書いてあっても、更新してあっても
見なければ気づけません^^;

 

 

打合せやミーティング
何気ないものは手帳にある
グリッド罫のメモ帳に記載して

 

都度読み返したりしますが
Evernoteは基本的には
読み返すものではなく

 

検索をかけたいような

クラウドサービスの
ID/PASSの記録をしたり
※ちなみに現在200近くあります

 

貰った書類をとりあえず
スキャンして保管しています

 

つまり、ID/PASSのように
絶対にいつでも確実に
拾い出せないといけないものを
記録して保管することと

 

あらゆる情報をまとめて
保管していくという
という点ではとても便利ですが

 

Evernoteのメリットしっかりと
享受しようと思うと
使い方のコツが必要になるので
それはまた記載していきます

 

Evernoteは
チームで使うとまた強力なツールですが
まずは自分Googleをつくるつもりで

 

まだ使ったことがない方は
ぜひ、使ってみてください
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP