SYNERGY

杉原活動記
2017/12/18 (月)
杉原里志

日本ハムの社風

Pocket
LINEで送る


日本ハムでは、大谷翔平選手の
メジャーリーグ移籍が決まり

 

清宮幸太郎選手の
集客力期待が
高まっているようです

 

開幕一軍が予想されている
清宮選手がどこまで活躍するか
ファンの期待は高まりますよね

 

活躍できるかどうかに
日本ハムファイターズの
気質(社風)が影響するという
話がありました

 

一般論として
プロ野球チームの
ロッカールームは2つの
パターンに別れるようです

 

 

一つは、プロ気質が強く
余計な会話は交わさない
静かな雰囲気のチーム

 

 

もう一つは、対照的に
先輩後輩も関係なく
和気藹々とやっているチーム

 

どちらが良いという話では
ありませんが

 

カープは後者で
日本ハムは前者

 

このプロ気質が強い雰囲気
というのは、新人には厳しいようで

 

 

不良イメージの強い中田選手も
新人時代はこの雰囲気に
飲まれてしまったとインタビューで
言っていました

 

ロッカールームからすでに
始まっている“競争雰囲気”に緊張して

 

ノックでは「エラーしたらどうしよう?」と
マイナス思考になってしまったといいます

 

清宮選手には早くから活躍してもらいたい
球団の希望もあるかとは思いますが
その日ハムの気質がどのように影響するか
大変興味深いところです

 

それでも、ダルビッシュ、中田翔と高卒
ルーキーをしっかりと育て活躍させた
実績もありますので

 

話題の高卒ルーキーを
どのように活かすのか
行く末が気になります

 

プロ野球は会社というイメージが薄いため
気質と表現しましたが、企業でいえば
気質とは当然、社風という言葉になります

 

プロ野球でも
企業でも、この社風(気質)という
手に触れもしないものが
随分と影響します

 

 

あらためて、社風とはなんでしょうか

 

社風とはその会社の文化や
雰囲気のことを言います

 

社風というと一見
時間と共になんとなく形成されるもの
と、思うかもしれませんが

 

今では多くの会社が
この「社風」を重要視しています

 

その理由は、社風は
会社のミッションやビジョンといった
経営の最上位の概念が
社内に反映されたものなので

 

結果的に作られるとういうよりは
会社の上層部によって
意図的に作られるものでもあるからです

 

社風を創るためには

 

採用活動、人事評価制度や
社内イベントなど
組織を形成する重要な部分に
その思想を反映して様々な
施策が施されています

 

ミッションとは

「長期的な視点で見た時に
どんな会社になりたいか」

 

として掲げられる理想なのですが
会社は人の集まりなので
社員一人一にその理想を浸透させ
共感してもらい

 

理想に沿った行動をしてもらう
必要があります

 

 

 

しかし、ミッションというのは
日々の仕事をしているとついつい
忘れがちなものなので

 

人事制度評価や事業計画などに
落とし込むことで

 

自然とミッションに沿った
行動や考え方になるように
設計していく必要があります

 

 

 

その結果できあがるのが
「社風」だといえます

 

つまり、社風が好きになれなかったり
ストレスを感じる場合

 

その会社のミッションに対して
共感出来なかったり

 

受け入れられないことにも繋がるため
実は致命的に根深い問題だといえます

 

 

多くの学生が入社の決め手にしている
面接してくれた人たちや社風を見て
入社を決める
というアンケート結果も
こう考えると理にかなっており
決してバカにできるものではありません

 

社風というのは
その会社が歩んできた
歴史そのものだともいえますし

 

社風を最大の経営戦略にするという
会社が現れているくらいなので

 

この社風をどのように作るか
しっかりと考えていく必要がありますね
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録