SYNERGY

杉原活動記
2018/01/05 (金)
杉原里志

東広島を襲った11月の”3.11”

Pocket
LINEで送る

東日本大震災から今年で
7年を迎えます

東日本大震災で多くの
犠牲者を出した仙台市では
津波のおそろしさを
忘れないようにと

 

なんと元旦から
避難訓練が行われ
住民が津波避難タワーに
避難するという活動がされ
ているようです

 

まだ、3.11の爪痕が
東北には残っているんですかね

 

 

同じく東日本大震災による
津波で大きな被害が出た
福島県浪江町の請戸地区では

 

避難指示が解除されて
”初めて”迎える元日となり
町民らが海岸沿いで
初日の出を眺めたといいます

 

避難指示の解除からやっと
7年目でようやく
自宅に戻れたんですね

 

本当に長い時間
大きな影響を受けています

 

11月の3.11

同じく東広島においても
3.11が襲ってきていました

 

 

 

今日、広島労働局の
雇用関係統計を見ていると

 

 

 

ハローワーク
広島西条の有効求人倍率
が、なんと

 

 

 

 

3.11

 

 

この
有効求人倍率というのは
求職者数に対する
求人数の割合で

 

雇用動向を示す
重要指標のひとつです

 

景気とほぼ一致して動くので
景気動向指数の
一致指数となっています

 

1.0を上回れば
採用競争が生まれ

1.0を下回れば
就職競争が生まれる

 

そんな簡単でもないのですが
シンプルにいうとそんな指標です

 

 

全国平均の
有効求人倍率が

 

1.56

 

 

あの愛知県の
有効求人倍率が

 

1.86

 

 

オリンピック特需の
東京都でも

 

2.12

 

3.11
どれ程に採用が難しいかが

わかってもらえるかと思います

 

ちなみにコレは約2ヶ月前の
実績になりますので現在とは
違うわけですが

 

つい先日まで有効求人倍率は

 

1月 1.90
2月 1.95
3月 2.03
4月 1.94
5月 1.94
6月 1.95
7月 2.07
8月 2.29
9月 2.58
10月 2.76

 

もともと全国平均、愛知県の
平均よりも高いのですが
夏以降の加速度は目を疑います

 

あらためて、ここを知った上で
どのようなチーム編成をして
行く必要があるのかを考え
なければ求人費をムダにします

 

ひとつの解決策として
現場で活躍する人たちの
事務作業をいかに減らすか

 

実は

事務業務については
全国平均でみても
広島西条でみても

 

0.45~0.55付近で

パートでも
フルタイムでも
採用しやすくなっています

 

値上げ調整を行い
利益効率を上げ

 

また採用し易い事務職を強化し
バックオフィス業務をしっかり
支えることで

 

現場負担を軽減していくことが
数字的にみると必要だと
言えるかもしれませんね

 

他の仕事に比べやりがいの
うすい職種はこれからは
組織づくりすらままならない

 

そんな時代になってきています

本当、3以上は未知数ですね
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP