SYNERGY

杉原活動記
2018/01/10 (水)
杉原里志

採用活動の第2ステップ

Pocket
LINEで送る

昨晩は自社の新卒採用チーム
いいひと採用委員会の

 

‘18の終了お疲れ様会(兼)
‘19のキックオフ会

でした。

 

振り返ってデータを見れば

どのイベントからの流入が
採用につながっているか
どこで辞退が出ているかが
よくわかります。

 

昨晩は19採用スタートにあたり

 

何よりも採用チームが
やらないといけない
こととして

 

中長期経営計画」を
しっかりと理解することが
必要だということを話しました。

 

 

採用チームはどうしても
自分たちの基準でいいひとを
イメージしてしまいますが

 

次に採用するべき人材像は

 

今いる人と同じ人を採用する
というよりは数年後を見越して

 

会社がどういった成長をして
どういった人材が必要になるか
しっかりとしたイメージを
することが大切になります。

 

中小企業というのは
面白いほど人材不足です。

 

良い成長軌道に乗ってしまうと
その人手不足感はより顕著になり

 

誤魔化し誤魔化し運営している
リーダーの能力が顕著に
追いつかなくなっていきます。

 

そのときに慌てて
次のリーダーを採用しようと
考えても時間がかかり過ぎます。

 

また、時間をかけて育成した
ところで、それまで
誤魔化し誤魔化しリーダーを
していた人材はもし抜かれて
しまえば白けてしまいます。

 

そういった
実力不足でドロップアウトする
リーダーを生まないためには

 

それだけ、経営計画と組織計画は
密接な関係にあるといえます。

 

なので、採用チームが
会社の中長期経営計画を
十分に理解、消化することなく
取組むというのは大きな
ムダを生むことになりかねません。

 

中小企業の採用は
社長が最前線に出ていくことを
おすすめしますが

 

採用チームを作るときは
しっかりと中長期の経営計画を
共有することが大切になります。

 

むしろ、中長期の経営計画が
ないというのであれば、
採用活動はまだ早いかもしれません。

 

 

 

中小企業は
不完全なものを完全にしていこう
という活力も魅力の一つです。

 

中小企業で
未来も明るくないのに
良い人材は採用できませんので

 

そこは採用したい気持ちを
ぐっと堪えて計画づくりを
優先させないといけません。
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP