SYNERGY

杉原活動記
2018/01/11 (木)
杉原里志

採用意欲

Pocket
LINEで送る

キャリコネニュースが
採用に関して
昨年の9月から10月初旬にかけて実施した
調査結果を見てみます


上場企業274社
非上場1964社
合わせて2238社からの
回答が出ています。

全体の採用充足率は

前年と比べて
4.7ポイント減り83.0%

採用が難しい状況が続いていますが
上場企業は採用充足度は
95.3%

非上場企業の採用充足度は
77.8%

非上場企業よりも上場企業が
17.5ポイント上回っているので
学生に有利な売り手市場であるため
大手に人材が集中しています。

業界別で見ると、

「金融」 98.0% が一番高く

「サービス」は69.5%と
苦戦しています。

また、「内定者数の不足(63.6%)」を理由に
半数以上(51.7%)の企業が
「採用を継続する」と回答しています。

「良い人材がいたら追加採用したいから」
(37.1%)

「内々定辞退の補充」
(20.7%)

といった理由を見ても
積極的に人材を補充したい姿勢がうかがえます。

しかも、予定数に未たない場合の対策として
「中途等の即戦力で補充」が最多の54.0%を占め
転職を狙う社会人経験者にもチャンスが多い時期
でもあります。

「採用難が続く」と見るも
およそ2割は「採用数を増やす」

「2019年卒の採用の見通し」を訊くと
7割以上が「厳しい」と回答しており
来年度も採用は厳しい状況が
続くと予測しています。

しかし、厳しい状況の中でも
さらに採用を増やす考えの企業は2割ほどあります。

2019年の採用数を「増やす」と答えた
企業は前の年と比べて0.4pt減ったものの
18.0%で、「減らす」(9.3%・前年比0.6pt減)を
上回っています。

この調査で見えてくる傾向として

「2018年卒で目標に達しなかった分を、
次年度で取り返そうという姿勢がうかがえる」

という傾向が見えます。

今年だめだった部分が
「来年も厳しい」と予想するなかで
補えるとは考えにくいので
各企業は対策を打っています。

採用活動の一環として
「インターンシップ(職場体験)」
を実施する企業は56.7%と
調査開始以来過去最高になっています。

時期は2月が最多で、
次に8月が多いということですが
ここは例年通りです。

インターネットを利用し動画や
オンラインで説明会を行う
「WEBセミナー」の実施率は全体で1割。

上場企業に限ると4社に1社が実施しています。

メリットとして「場所(距離)時間・
会場のキャパシティを選ばない」ことがあります。

企業は社内の若返りも図っており
確実に採用への意欲が高まっています。

なお、採用活動の終了時期(予定含む)は
6月~9月にかけてがピークですが
「12月」と答えた企業も多い傾向があります。

今後活動を継続する企業は、
年内に採用活動を終了することを視野に
入れているといえます。

調査元「キャリコネニュース」
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP