SYNERGY

杉原活動記
2018/02/01 (木)
杉原里志

隣の家族は青く見える

Pocket
LINEで送る

妻から一緒に見ようと言われ
録画したドラマをみています。

 

1月18日からスタートした
『隣の家族は青く見える』
不妊治療に悩む夫婦を中心とした
現代的な問題を抱える家族を
描いたヒューマンドラマ。

 

自分たちの意見を
出し合いながら作り上げる
“コーポラティブハウス”と
呼ばれる集合住宅に
住む4家族の姿を描いています。

 

 

夫婦円満だけど“子供ができない”
 五十嵐奈々(深田恭子)
&大器(松山ケンイチ)

 

 

子供はいらない主義
ネイリスト
杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)

バツイチでスタイリスト
川村亮司(平山浩行)

の事実婚カップル

 

 

2人の子供を持つ冷え切った夫婦仲の
小宮山深雪(真飛聖)
&真一郎(野間口徹)

 

 

ゲイであることを隠している
建築士・広瀬渉(眞島秀和)
&転がり込んできた恋人・青木朔(北村匠海)

 

 

といった問題のある上記の
4家族(カップル)が生活しています。

 

 

第1話、第2話ではまず
主人公夫婦の五十嵐夫妻が抱える
不妊問題が紐解かれてます。

 

 

子作りに関する質問はセクハラだと
思う人も増えてきており
妊活というのは非常に
センシティブな問題になっています。

 

 

言えないけど、知りたい」という悩みを
堂々とドラマの題材にするのは
意義があり上手なテーマ選びですね。

 

 

まだ2話で少しずつしか描かれていませんが
各家族(カップル)の問題は山積みです。

 

 

幸せそうに見えても
隣の家族は青く見える
だけなのかもしれません。

 

 

隣の芝は青く見える。

 

 

組織の一員として働いていれば
誰しも一度くらいは
自分の置かれている状況を嘆いて
他の会社で働く人や
起業してうまくいっている人を
うらやましく思うことがあるでしょう。

 

 

隣の芝が青く見ることはあるものです。

 

 

しかし、その中でも起業という選択
気をつけなければなりません。

 

 

起業そのものは難しくないものの
成功させるためにはかなりの気合い
が必要になります。

 

 

ビジネスの場で優秀だと感じる人は
相対的にみても高学歴で
大企業に勤めている人に多いと感じます。

 

 

こういった人が起業するケースは
あまりありません(^_^;)

 

 

大企業を辞めてまで独立する人は
あまり見受けられないので
世の中、優秀な人ばかりが起業している
というわけではないのでしょう。

 

 

自分としては、起業に必要な資質は
特には存在しないと思っています。

 

 

むしろ、何かに秀でているよりは
バランス感覚を持って経営に取り組める
力の方が重要だと感じます。

 

 

経営は総合力なので

 

商品開発力
営業力、管理力
経営者の体力、精神力
行動力、決断力、統率力

 

いくつもの力が必要になります。

 

人がやっていることは
簡単そうに見えます
経営そのものはそこまで
簡単ではありません。

 

起業家を支援するという
活動をしているものの
安易な起業ではうまくいきません。

 

起業には綿密な事業プランが
必要だと思われがちです。

 

もちろん、綿密な計画は大切ですが
それ以上に

 

マーケットを間違えないことと
ハングリー精神と覚悟を持って
起業することの方が重要です。

 

起業直後はとにかく足を止めずに
全力で走り抜けないといけませんが
企画力のある人はここで足を止めて
企画を練りだすことがよくあります。

 

起業しようと思えば
雇われているときよりも
何倍ものエネルギーが必要になるため

 

起業して早めに経営を
安定させるためには
起業する前からしっかりとした
準備をしておくことが大切です。

 

まず、なぜ企業するのかを含めて
考えるきっかけをつくるために
ミッションについてどうでしょう。

 

起業を考えている方
ぜひ、参加ください。

ということで

『ミッション経営の基本〜創業3年目から差が出る、経営の基礎技術』

『ミッション経営の基本〜創業3年目から差が出る、経営の基礎技術』

 

 

Program「ミッション経営の基本」セミナーとは?

「経営」というものは突き詰めていくと、どこまでも深く、やるべきことには限りがありません。ただ、多くの成功し続けている会社を見ていると、そこには、必ず押さえているポイントがあるのも事実です。

わたしたちは20年をかけて、1万社以上の経営を支援してきました。そうやって、たくさんの経営の「成功」と「失敗」を見ていると、何をやると失敗して、何をやると成功するのかが見えてきます。そういった成功する社長が必ず押さえている「ミッション経営の基本」を、このセミナーではお伝えいたします。

私たちがお伝えしているのは、本当に基本的な部分。もしかしたら「聞いたことがある」ことが多いかもしれません。しかし、重要なのは「知っていること」ではなく「実践できていること」。経営を成り立たせるために必要なことが、きちんと実践できているかを、確認する機会としてもご活用ください。

■こんなことでお悩みの社長はぜひご参加ください!

  • ミッションや理念の効果に半信半疑である、、、
  • 会社にミッションが存在しない、、、
  • ミッションのつくり方が分からない、、、
  • ミッションが存在するが、表現に自信がない、、、
  • 「いつかやらなきゃ・・・」と思いつつ、時間を取れていない、、、
  • 社員がまとまらず、みんなバラバラなことをやっている、、、
  • お客さんや、周囲の会社から応援されない、、、

■お伝えする内容

1 ミッションとは?
2 ミッションの効果
3 ミッションを持つ会社が成功する理由
4 ミッションのつくり方
5 ミッションの伝え方
https://www.kk-synergy.co.jp/eventinfo/52951/
 
 
 

 
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP