SYNERGY

杉原活動記
2018/02/06 (火)
杉原里志

暗中模索は単なる不安ではなく エキサイティングな挑戦

Pocket
LINEで送る

昨日の続きです^^;

一年半前のシンポジウムで
結論づけた
方向性は

 

地域の魅力を高めるよりも
企業の魅力を高めて
地域に移住してくる人を増やす

というもの。

 

 

正直にいってしまうと
東広島YEGの会員からすると
大き過ぎるサイズ感の答えが
出たといえるものでした。

 

 

 

なぜかというと
東広島YEGの会員の多くが

正社員10名以下の企業で
正社員を雇うというのは
重大な決断です。

 

 

優秀な人材を採用したいのは
企業の大小に関わらず
当然ありますが

 

即戦力として期待できる
中途社員の採用ならまだしも

 

新卒採用を行い時間と
お金を投資するほどの
余力がある企業は決して

多くありません。

 

 

リーマン・ショック後に
就職できない学生たちがこの街に
溢れていた10年前と
比べると

 

雇用を取り巻く環境は
大きく変わりました。

 

地域社会のためとはいえ
東広島YEGの会員が向き合うには
新卒採用は少しかけ離れた課題。

 

多くの会員が
そう感じ始めています。

 

その中でひとつ
わかったことがあります。

 

新卒や中途の採用という活動を
きっかけのひとつにして
会社の根本を
強化していくこと。

 

シンポジウムでは
単に若者に東広島に目を
むけてもらいたいという
希望的意見だけではなく

 

大人や企業の責任論で
面白い意見がありました

 

意見1

若者が安定志向である
という話ですが

それは企業も地方も
行政であっても

同様であると思います。

 

挑戦志向の学生が
ほしいと言っている

企業の側こそ挑戦的で
あるのでしょうか?

 

新卒採用は2.5%
しかしていない。
(※東広島市の雇用情報)

 

つまり新卒採用を
したところで
安心安定
という保障はない
ということです。

 

安心安全な状態でないと
新卒採用しないのに
若い人にだけ挑戦志向を
求めるのはいかがなものでしょうか。

 

若者にアンケートした結果
挑戦志向は少数派でしたが
恐らく誰にアンケートを
とっても同じ結果でしょう。

 

僕は別に若者が不必要だと
思っているわけではありませんが
地方創生や企業創生を
いきなり若者に委ねてしまうのは
正しいのかと疑問に思います。

 

意見2

面白い事業を作って
いい仕事が溢れていれば
自然と若者が寄ってきます。

 

若者を集めるために
何をやるかというよりも

 

いい仕事と面白い事業を
作ることが先だと思います。
そうすれば学生がやって来ます。

 

意見3

人気企業をつくるのは簡単です。
給料を高くし、休日を増やし
やりがいのある仕事を用意すればいい。

 

でも、できないから人がこないわけです。

 

確かに中小企業には先ほどの
全てが揃ってはいませんが
そこにしか無いものがある
というのはヒントになります。

 

人を雇うのは簡単ではありません。
しかも、若くて優秀であればなおさら
難易度は上がります。

 

しかし
その前に地方中小企業が

行わないといけないのが
面白い事業を作って

いい仕事を生み出すこと。

 

でも、給料を高くし
休日を増やし

やりがいのある仕事を
用意するのは
簡単にできない
ので人がこないわけです。

 

確かに中小企業には先ほどの
全てが揃ってはいませんが
そこにしか無いもの
がある。

 

■■■■■■■■■■■■■■■

 

持て余したサイズ感のこの
東広島YEGの活動から出た
方向性は

採用という活動を通じて

 

おもしろい事業
いい仕事
そして、


そこにしか無い
何か


見つけるための種を探す
大きなきっかけになりました。

 

採用という活動を通して
誰に、何の想いを届けるのか。

 

どんな事業を考え
どんな仲間を迎えて
どんなお客さんに必要とされるのか。

 

不完全でもいいから
それらを個性として

 

暗中模索は単なる不安ではなく
エキサイティングな挑戦として
前進できるような会社にしていく。

 

そういった事業のあり方
経営のあり方を根本から見直す
いいきっかけになっています。

 

あの日を堺にそれに気づいた
メンバーもいますし
気づいたメンバーに触発されて
頑張っている人も増えたと思います。

 

ちょうど1年後の2月ですが

 

東広島YEGではもっと進化した
産学連携イベントを行うので
楽しみにしておいてください。

 

まだまだこの街の成長は
期待できます。
 
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

地方の求人や採用、経営についての情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録