SYNERGY

オススメ記事
2018/04/25 (水)
杉原里志

学生の自己分析を笑う前に

Pocket
LINEで送る

採用に困っている社長さんに
何をしている会社ですか?

 

と、聞くと十中八九で
飲食業です、とか
建設業です、とか
不動産業です

 

と、業種でお返事をいただきます。

 

普通はそうですよね。
何も間違っていません。

 

 

 

 

ただ、優秀な人材に自社に
来てもらおうと考えると
優秀な人材がその会社を
選ぶ固有の理由が必要です。

 

 

ホームセンターに行って
ドリルを買うとします。

 

3種類あるドリルの違いが
よくわかりません。

 

わかるのは値段の違いだけ。

 

人は明確に違いがわからない
場合、値段が安いものを

購入する傾向があります。

 

人を採用する場合も同様で

 

 

何万ともある同業種の企業と
何が違うのかがわからければ

 

人は価格(給料・条件)だけで
就職を判断することになります。

 

優秀な人材を採用したいのなら
何をしようとしているのか
(ミッション・経営理念)を
はっきりさせないといけない
のはそのためです。

 

 

自己分析という言葉の違和感

 

 

近年の学生はほとんどが
自己分析という活動をします。

 

就活における自己分析とは
自分の特徴や長所・短所
価値観を把握・分析
自分自身の理解を深める
ことで就活での強み
見いだす活動です。

 

中小企業の社長さんは
この自己分析という言葉
そのものに違和感がある
方も多いとは思います。

 

しかし分析結果を元に
客観的な視点を持つことで
面接の自己PRや志望動機などで
抽象的な表現ではない
具体的でオリジナリティーのある
発言ができるようになります。

 

実際に面接などの自己PRでは

 

☑明るく、元気があるところが取り柄です
☑何事にも積極的に取り組みます

 

といったような抽象的な
表現が目立ちませんか?

 

面接を担当している人は
複数の学生を見ているため

 

抽象的な表現では印象に残りづらく
入社をしてからどのような
活躍をするかのイメージが湧きません。

 

綿密な自己分析で
自身の強みを見つけることで

 

どのような経験から積極的に
 取り組む力をつけたか

 

また

 

その経験や力が企業で
 どのように生かせるか

 

など

 

より具体的なエピソードを
伝えることで好印象を与え
ようと努力しているわけです。

 

自分自身の話を
他の学生とハッキリと違いを出して
オリジナルな発言を行っている
人材はどの社長の目にも
止まるものです。

 

しかし、その逆もまた然り

 

自己分析のできていない
企業や社長さんだと

 

「明るく、風通しのいい社風です」
「家族的な組織づくりを目指しています」

 

といったような抽象的な
表現が目立つようになります。

 

学生も企業も対等な関係なので
お互いやらないといけないことは
同じことです。

 

ようは、自分自身を
相手にわかりやすく伝える
ということです。

 

採用では
自社のことを
まったく知らない相手に

 

自社はどんな企業で
何を考え
どういう個性があるのか

短時間に伝える必要があります。

 

ところが
これがやってみると

意外に難しいものです。

 

自社のことは
自分が一番わかっているつもりでも
いざ明確に伝えようとすると
何から言えばいいかわからなくなって
しまいがちです。

 

学生でも
経営者でも

 

「自分(自社)なんて大したことを
 してこなかったから、何も言えない」

 

と、戸惑われることも
少なくありません。

 

しかし、就活や採用で必要なのは
出来事の大小ではなく

 

自分がどういう存在なのか
を伝えること。

 

そのためには、日常のさまざまな
場面に表れている「自分」や「自社」を
把握しておくことが何よりも大事です。

 

そこで、自分を客観的に整理して
理解しておくことが必要になります。

 

日ごろから
自分や自社が
どんな存在なのか
を明確にしておく。

 

それが必要です。

 

中小企業の社長さんにお会いすると
学生の自己分析という活動を
笑う人も少なくありません。

 

笑っていられませんよ。

 

自己分析は

自分自身を相手に
わかりやすく
伝えるためのもの

 

 

多くの中小企業の社長は
自己分析(ミッション)が
ヌメッと曖昧な会社で

 

働いている人の多くは
地域 × 条件で選んでいる
人が多いものです。

 

社長のみなさん
ミッションをしっかりと掲げて

 

自社を相手にわかりやすく
伝えていく努力をしてください。

 

本当に
採用も、就活も
基本はおんなじですね。

 

 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP