SYNERGY

杉原活動記
2018/05/22 (火)
杉原里志

有効求人倍率4倍を超えて、雇用創出を考える意味はあるのか

Pocket
LINEで送る

どこもかしこも人手不足です。

 

 

東広島の有効求人倍率は
3月に3.71倍と落ち着きましたが
  昨年12月 4.09
  今年    1月 4.36
            2月 4.29
ずっと4倍を超えています。

 

そう考えると
単純な人手のかかる
雇用創出はこの地域に
今求められていることではなく
単純に人材という貴重な資源を
奪う行為に見えます。

 

あらためて
雇用創出には何が必要でしょう?

 

私たちもときどき
行政の仕事(公共事業)を
受託して行います。

 

これは私たちの
雇用創出でしょうか。

 

おそらく
私たちがやらなくても
私たち以外の企業がやります。

 

いうならば私たちが
雇用を生み出したのではなく
行政が雇用を生み出したに
過ぎません。

 

よく、選挙で公共事業を多く出し
雇用を創出するといった公約を
耳にすることがあります。

 

これは理にかなっていて
こういった仕事を自社で
採択して雇用をしても
我々が雇用を創出したとは
どこか言いにくくあります。

 

よくよく考えてみると
雇用を創出するというのは
随分と大変なことです。

 

日本が今のような
経済大国になったのも
この街に雇用があるのも

今は大きくなった会社が
世界に向けて勝負し

切った張ったの世界で
命がけの戦いを海外企業と
渡り合ってきたからだと
気づかされます。

 

雇用創出という観点で見れば
私たちのような小さな会社は
そういう土台の上で
ゆるゆるやっているだけのように
思えてしまうこともあります。

 

もちろん小さいことが悪いわけ
ではありませんし否定する
わけではありません。

 

ただ、この街に雇用を創出する
と考えたときに、自分たちが
関わったからこそ生まれた
この地域の雇用というものが
いったどれほどなのか。

 

ご近所の会社から奪っただけの
雇用でしかないのであれば
それはこの地域に対する
雇用創出になるのでしょうか

 

そう考えると
優秀な起業家は
小さく留まるのではなく
もっと社会のためになるよう
全力を尽くして

あらたな雇用を創出する
事業をしてもっと地域に
活力を育むような事業を
しかけていってもいいのかも
しれません。

 

有効求人倍率3〜4のこの街に
雇用創出が本当に意味があるか
まだ答えは出ていませんけれど

少なくとも、本当の意味での
雇用創出に繋がる仕事を
自分達ができるようになるのかは
しっかりと向き合って
行きたいところです。

 

 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録