SYNERGY

杉原活動記
2018/06/11 (月)
杉原里志

賃金テーブル

Pocket
LINEで送る

人事評価を設計する上で
やはり気を使うのは
賃金テーブルの設計です。

賃金テーブルは
低ければ社員の
モチベーションは高まりませんし

高すぎれば
利益バランスを崩してしまいます。

新たな賃金テーブルを
構築する際にまず考えるのは
「何に対して賃金を払うか」です。

合わせて、社員がやる気を起こす
動機付けとして人事賃金制度が
機能するためにはどうしたらよいか
を検討します。

経営サイドから見た
賃金決定の枠組みには
以下の種類が考えられる。

人事賃金制度と
自社で重要な賃金支給の
軸を照らし合わせて
方向性を決定します。

場合によっては
2種類の複合型の
人事賃金制度となる場合もでます。

賃金決定の要素として
考えられるものは

「属人要素(年齢、学歴)」
「能力」「職務」「成果」
「役割・責任」など。

賃金制度の枠組みを
決定した後は
等級制度を設定します。

等級制度は社員を
いくつかの階層に区切ります。

社員の成長ステップを
ランク付けすることでもあります。

どの賃金制度を
採用するかによって
等級制度も変わりますが

基本的には等級の概念を
「等級フレーム」でまとめ
等級要件の詳細を
記述書で決定することになる。

各等級の定義を
明確にできるかどうかが
重要なポイントとなる。

職能資格制度が
年功化してしまった大きな要因として
職能等級フレームの等級定義の
あいまいさが挙げられます。

明確に等級の違いを
定義できなければ
無理に細分化する
べきではありません。

とにかく、日本人にここが
あまり馴染みません。

日本人はなぜか
会社に長くいればいるだけ
成果を出さなくとも給料が
あがると信じて生きています。

成果を出せなくとも

あの書類がここにある
この契約はこうなっている
その話はあの人に聞けば良い

といったような
長くいることで備わる
社内特殊能力に対して
高い評価を求めるようになります。

ここが評価の
対象になってしまうと
成果を出すことに対しての
集中力が失われ易くなるので
当社では評価から外しています。

完全に外してしまうと
日本人には馴染みにくいので
その年数も賃金テーブルに
反映させる方法もあります。

とにかく、どのような
思想で賃金テーブルを
作っていくかが重要です。

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP