SYNERGY

杉原活動記
2018/06/17 (日)
杉原里志

地域活性化の失敗

Pocket
LINEで送る

地方創生という言葉
最近はあまり聞かなくなりました。

 

そもそも衰退している地域では
ヒト・モノ・カネが慢性的に
不足しています。

 

地方の商工会議所青年部では
地域活性化のために

 

無い資源を振り絞って
お祭りやイベントを企画して
頑張って運営しています。

 

 

こういったボランディアベースの
お祭りをすることで地域は一時
的には賑わいが生まれます。

 

 

お金をかけて
ボランディアで
多くの人を巻き込んで
賑わいを生む。

 

 

このパターンは
典型的な地方活性化の
失敗事例です。

 

 

なぜ、失敗なのか。

 

 

失敗する地方活性化
イベントというのは
ヒト・モノ・カネを投資して
賑わいを生み出します。

 

 

成功する地方活性化
イベントというのは
地方固有の資源を活用して
賑わいを生み出して
ヒト・モノ・カネを集めます。

 

 

失敗する地方活性化は
投資をして賑わいを生み出す。

 

 

成功する地方活性化は
賑わいを生み出して
収益を上げる。

 

 

ビジネスもそうですが
投資が大きく
金銭的なリターンが
十分望めないものは
どうしても途中で継続が
できなくなります。

 

 

地方活性化イベントは
新規事業を行うのと似ています。

 

 

いきなり
大きな投資をして
リターンを求めるよりも

強みを探して
その強みを活用して
じっくりと育てていく。

 

 

地域活性化のために
必要なのは短期的な
利益ではなく
継続的に稼げる仕組み。

 

 

地方活性化の取り組みには

【事業】
何に取り組むか

【ヒト・モノ・カネ】
限りある資源をどう活用するか
足りない資源をどう集めるか

【組織】
どう取り組むか

 

 

3つの要素
これらがすべて機能して
初めて成立します。

 

 

簡単ではない
地方活性化

 

 

せっかくであれば
投資して賑わいを
生むのではなく

資源を活用して
賑わいを生み出し
収益化をしっかりと
目指すように進めたいもの。

 

 

この順番を
間違えると大変なんですよね。

 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

地方の求人や採用、経営についての情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録