SYNERGY

杉原活動記
2018/06/28 (木)
杉原里志

何度も考える

Pocket
LINEで送る

自分には約20年ほど
遡りますが

 

21歳〜25歳まで
PCのことを詳しく教えてくれた
先生がいます。

 

 

 

当時のことなので
Windows98 SEが
WindowMeに切り替わる頃。

 

 

当時は特殊な技術を使った
コミュニティにいましたが
彼が詳しく教えてくれたおかげで
随分と救われました。

 

 

ただ、4年も毎日連絡を
していましたが
彼のことはあまり知らず
わかっているのは

 

 

当時、東北大学の院生で
修士課程を修了して
博士課程にいたということ。

 

 

名前もわかりませんし
今はどこにいるのかも
わかりません。

 

 

 

ほぼ毎日チャットを通じて
コミュニケーションをとっており
彼には随分と助けられたものでした。

 

 

多くの人は
実際に顔を合わせることが大切で
リアルなコミュニケーションが
大切だといいます。

 

 

しかし、人を選ぶとは思いますが

 

文字だけの
コミュニケーションでも
信頼関係は十分に
つくれるのだと学びました。

 

 

当時、まわりの人からは

 

 

「よく、顔も知らない人と
 毎日連絡とれるね」

 

 

「知らないひとを
 信用できるものなの?」

 

と、随分と不思議がられたものです。

 

 

 

その後、Mixiが登場し、多くの人が
フェイスブックや
インスタを使うようになり

 

 

当時、ネットでの出会いを
いぶしがってた人たちも

 

 

SNSを通じて出会い
現実の世界で仕事を
するようになる
なんて話は
今では珍しくなくなりました。

 

 

常識は時代によって
あっさりと変わるものです。

 

 

常識に振り回されず、考えられるひと

 

 

頭のいい人は
たくさんいます。

 

 

 

暗記が得意なひと
計算が得意なひと
アイデアを出すのが得意なひと

 

 

頭がいいという定義には
いくつかの種類があります。

 

 

一般的に頭が良いと
されるひとは
暗記に優れたひとと
計算に優れたひとです。

 

 

この二つがあれば
受験勉強も

論理的な仕事の組み立ても
こなすことができます。

 

 

では経営において優れたひと
とはどのようなひとでしょうか。

 

 

記憶力のいいひと
論理的に考えられるひと
発想力があるひと

 

 

経営に役立つスキルを
数え上げればきりがありませんが

 

 

自分がひとつ選ぶとすれば

 

 

それは

「考え続ける事ができる」ひと
ではないかな、と。

 

 

もちろんですが
元々の頭の良さは、大切です。

 

 

しかし、考え続ける
ということは

とても難しいものです。

 

 

難しいというよりも
根気が必要です。

 

 

ゴールの見えないことを
何時間も続けられるひとは
多くありません。

 

 

ほとんどの人は
1時間も考えれば
結論を出そうとします。

 

 

ですがそのような結論には
さほど意味がありません。

 

 

余程の天才でもない限り
1時間の思考で新しい何かを
生み出す事はできません。

 

 

現状を分析し
細部を確認する。

 

 

課題と目的を的確に
把握するだけで

 

 

簡単にに1〜2時間は
過ぎていくものです。

 

 

考え始めるのは
その後の話です。

 

 

そこからの2〜3時間
ああでもない
こうでもないと繰り返す。

 

 

気の遠くなるような
思考の先に

課題解決のヒントが
ようやく見え始めたりします。

 

 

考える事は
誰にでもできます。

 

 

しかし、考え続ける事は
そう簡単にはできないものです。

 

 

特に頭のいいひとは
考え続ける事をしないもの。

 

 

ゴールのない思考

 

 

それには正解も
不正解もありません。

 

 

自分なりの
答らしきもの
しか存在しません。

 

 

その
答らしきもの」を

手に入れる事は
経営者にとって
とても大切なこと。

 

 

そこに辿り着いた
経営者の考える
商品やサービスには
哲学があります。

 

 

その哲学は
経営の根幹となります。

 

 

考える事を止めない
途中で結論に走らない
納得のいくまで考え続ける

 

 

常識はあっさり変わります。

 

 

常識にとらわれない
ということは

 

 

本質に向けて
自問自答しなければならない
大変なことです。

 

 

そこにたどり着くには
自問自答を何度も繰り返す
とても手間な儀式が
きっと必要なわけです。

 

 

プレジデントアカデミーでも
考える項目が
たくさん出てきます。

 

 

自分たちの
答えらしきもの」を
にたどり着くためにも

 

 

考え続けることを
どうやめないかが
とても重要だと感じています。

 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP