SYNERGY

杉原活動記
2018/08/16 (木)
杉原里志

大きなプロジェクトを管理する

Pocket
LINEで送る

大規模なプロジェクトに
取りかかろうとすると

知識や経験がないと
どこから手をつけたらよいか
悩んでしまいます。

 

 

最近大きめの
プロジェクトが続いて
少し自分自身でも
振り返りをしています。

 

大きいプロジェクトは
プレッシャーもありますし
どこから手を付けようか…
と、考えてしまいます。

 

 

そういったときは逆に
「1時間で資料をつくる」
という小規模な短時間の
タスクで考えてみます。

 

1時間という決められた
時間内に目的を達成するには
通常プロジェクトマネジメント
でするように体制の洗い出しや
予算管理、会議などをしている
時間はありません。

 

その場合は
最低限抑える必要のある

1.課題管理
2.スケジュール管理
3.成果管理

3つに絞られます。

 

1.課題
何を解決しなければいけないか

2.スケジュール
どんな段取りで解決するか

3.成果
解決した結果何ができるか

この3点を明確にすることによって
プロジェクトの規模にかかわらず
目的達成を目指します。

 

 

POINT 1.課題管理

プロジェクトとして
何を解決しなければいけないか
課題を洗い出します。

 

1時間で資料をつくる場合には

①目次が設定できていない
②必要な情報が収集できていない
③最終メッセージが決まっていない

といった課題を
ひとつひとつ洗い出します。

 

POINT 2.スケジュール管理

 

課題を洗い出したら
プロセスを決定します。

 

①目次が設定できていない
②必要な情報が収集できていない
③最終メッセージが決まっていない

という課題ごとに
解決策となるタスクを選択し

前後関係を考えて
優先順位をつけることで
スケジュールを組み立てます。

 

 

POINT 3.成果管理

 

課題を解決するために
ひとつひとつタスクを
実行していくと

目次ができあがり
必要な情報が入り各ページの
メッセージが明確になり
資料ができあがります。

このようにできあがった
プロジェクトのアウトプットが
成果となります。

 

「プロジェクトの成果」から逆算して考える

実際のプロジェクトで
「3つのPOINT」で考えるときは
注意しているポイントがあります。

 

それは、プロジェクトの
目的に紐付く「成果」を
先に設定しておくということ。

 

最終的になにができあがるのかを
イメージした上で
そこに向かってどんな課題を
どの順番で解決して
いけばよいかを考えます。

 

大きなプロジェクトは
小さなプロジェクトの集合で
できています。

 

例えば、1年間かけて
イベント運営のプロジェクトに
取り組むことになったとします。

 

このような長期にわたる
大規模なプロジェクトは
どこから手をつけたら
いいか悩みます。

 

しかし、一見大規模に
見えるイベントは

実は

「イベント概要」や
「事業計画書」や
「予算書」などの資料や
「フライヤー」
「ホームページ」などの

個別の成果という
小さなプロジェクトの
集合でしかありません。

 

 

例えば「ホームページ」
づくりのプロセスを小さな
プロジェクトとして考えます。

 

このプロジェクトの成果は
「ホームページ」のリリースです。

 

そこから

ページ数が決まっていない
目次ができていない
誰にレビューをすれば
いいか明確でない…

といった課題を洗い出します。

 

次に、課題の解決策から
ページ数を決める
目次を作る
レビューはマネージャーに依頼する

といったタスクを洗い出し
タスクの前後関係を
並びかえてスケジュールを組み
実行します。

 

これでホームページが
できあがります。

 

「予算書」や「イベント概要」など
ほかのプロセスでも同じように

成果を設定し
課題を洗い出し
スケジュールを立ててから
タスクを実行すれば

それぞれの小さなプロジェクトの
目的が達成されていきます。

 

このように、大きなプロジェクトは
小さなプロジェクトが
前後関係で連なって
できあがっています。

 

つまり、どんな大きな
プロジェクトでも

1.課題管理
2.スケジュール管理
3.成果管理

という最小単位に
砕けば3つのPOINTに
落とすことができます。

 

プロジェクトマネジメントは

1.課題管理
2.スケジュール管理
3.成果管理

当たり前のことですが
規模が大きくなると
途方にくれるものです。

 

しっかりと分解して
管理していく粘り強さを
身につけないといけません。

プレジデントアカデミーのお知らせ
【8月のテーマ】 ~集客力~

 

 

あらゆる集客システムに共通する、3つのステップ

実は、あらゆる集客システムには共通する「基本形」があります。
大企業も、小さな会社も全ての集客システムは「3つのステップ」でつくられているのです。
セミナーの当日にお伝えするこの「3つのステップ」を押さえれば、
あなたも、自社の集客システムを創りはじめることができます。

経営の12分野セミナー「集客力」
日時  :8/29 (水) 18:00~21:00(会員様18:30〜)
参加費 :¥5,400(税込)
会場  :TKP ガーデンシティ premium 広島駅前
ガイド :小濱 亮介
お申込み:http://www.12essentials.jp/schedule/theme3/attracting/

 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

地方の求人や採用、経営についての情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録