SYNERGY

マイナビ2018
おせっかい研究所
2016/09/28 (水)
シナジー

研究報告(3) おせっかいの語源編

シナジーブログをご覧の皆さまご無沙汰しておりました!

おせっかい研究所の後藤です!

gotou

 

とうとう禁断の白衣に手を出してしまいました(`・ω・´)

とはいえ研究所のメンバーですので、コスプレではありません!!

連続の更新になりましたが、おせっかい研究所の更新3回目のテーマは、《おせっかいの語源とは?》です!
おせっかいの語源は「切匙・狭匙(せっかい)」とする説が有力です。
切匙・狭匙(せっかい)とはすり鉢やすりこぎの内側についたものを落とす道具のことです。
(下図参考)

%e5%88%87%e5%8c%99
切匙(狭匙)がすり鉢の溝に入り込むことから、細かいところまで行き届く、他人の内に入り込もうとすることを「おせっかい」と言うようになり、間に挟まることを意味する「介」の字を含んだ「節介」という漢字が当てられるようになったようです。

また仏教の観点から見ると、おせっかいは慈悲の始まりともとらえられています。
慈悲とは苦しみを取り、除く楽しみを与えと言う意味です。
大げさかもしれませんが私たちの活動を通しておせっかいが広まり、誰かの苦しみを取り除き、楽しみを与えることができるようになれば幸いです。

昔は世代や血縁関係をこえた、複数のつながりや絆があったそうです。
最近では、他人には極力干渉しない傾向があるように感じます。
そういう時代だからこそ「つながり」や「絆」つくり出す、おせっかいを広げていきたいと私たちは考えています!

次回は後藤の研究報告です。

それでは!

この記事を書いた人
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP