採用担当者向け
2020/12/01 (火)
樋野 竜乃介

営業経験者が転職を決意する理由とは?

Pocket
LINEで送る

「営業採用を検討しているけど、どうしたらいいか分からない」
「営業採用を行っているけど、なかなか応募が集まらない」

そのようなお悩みを抱えている方へ
営業経験者が求人を見ているポイント、
またそれを踏まえた上で、営業採用における
「求人を書くコツ」をお届けします。

営業経験が転職を決意する理由は待遇だけではない。

エン・ジャパンが
社会人経験のある男女にアンケートを行い、
その中の営業から営業へ転職した人のアンケート回答を
以下にまとめています。

※エン・ジャパンアンケート調査より

営業経験者が転職を決意した理由の
回答として1番多かった回答は、
「給与や待遇に不満がある」でした。

次いで、「土日祝に休みたい」、
「労働時間が長い(残業が多い/休日が少ない)」
という結果になっています。

4位は「業界・会社の将来性が不安」。
5位は「スキルアップを図りたい」という結果に。

売上基盤や顧客基盤、商品・サービスの強みがあると、
将来性をアピールできます。

営業経験者には「自己流でやっていた」という方もおり、
充実した教育制度が整っていることをアピールできれば、
スキルアップが望める企業だと思ってもらえるかもしれません。

このように、必ずしも待遇面だけでなく、
他の要素で差別化することで自社を魅力的に見せることができます。

営業経験者が求人で見ているポイントとは?

同調査において、
営業経験者が仕事で大事にしている
ポイントも調査しています。

※エン・ジャパンアンケート調査より

1番多かった回答は
「プライベートな時間が十分に確保できる」でした。
ただ、会社によっては、
どうしても休日が少なかったり、
残業が多い会社もあると思います。

そこで他の上位の理由を見てみると、
「チームプレイで仕事を進める」
「提案活動以外にも幅広く活躍できる」
「提供する商品・サービスに将来性がある」
などもあります。

「チームプレイで仕事を進める」という点に関しては、
個人成果主義の営業スタイルに馴染めなかったり、
営業のノウハウが共有されなかったりと不満が多い
営業経験者も多いです。

中には、契約取れそうなお客様も上司に取られ、
上司の成果にされるという方もいるので、
チームとして成果を追っている会社なども
十分にアピールすることができます。

「提案活動以外にも幅広く活躍できる」
という点に関しては、
自分で成約したお客様のアフターフォローまで
行いたいという営業経験者も多く、
中には完全分業制の会社に勤めていた営業経験者もいるので、
最初から最後まで関わることができる会社も
強くアピールできるポイントになります。

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、
自分が取り扱うサービスは需要があるのか、
売りやすい商品なのかということも
気になっています。
そのようなアピールも魅力につながります。

次回、これらの点も踏まえ、
具体的にどのように求人を
書けば良いのか解説します。

ハローワーク求人作成ノウハウ無料プレゼント!!

これまでの経験をもとに作成した

「ハローワーク求人作成ノウハウ」を下記のURLから

無料でダウンロードすることができます。

 

弊社が実際に作成したハローワーク求人の実例とともに

各欄の記載ノウハウを載せておりますので、

ご興味ある方は下記のURLから

ダウンロードくださいませ。

 

https://docs.google.com/forms/d/1G0NTzPF64PyjZjQyOPHbCyDEO5bbEGewN4Kv8DVR0Lo/edit

 

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2019年、新卒で株式会社シナジーへ入社。 ビルメンテナンス事業部、人材派遣の仕事に従事したのち、 現在の経営採用支援事業部へと異動。 自らの現場経験や年間100人以上の求職者との面談経験を生かし、 新卒・中途問わず、求める求職者に魅力を感じてもらう採用活動の設計を 一括でサポートしている。 特にハローワークを活用した採用活動の支援を得意としており、 企業側が見つけきれなかった自社の魅力を見つけ出すことに強みを持つ。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録