SYNERGY

採用担当者向け
2020/12/08 (火)
樋野 竜乃介

営業採用における求人を書く際のポイント

Pocket
LINEで送る

前回のブログでは営業経験者が
転職を決意する理由と求人で見ている
ポイントについてお話しました。

今回は、それを踏まえ
実際にどのように求人を書いていくのか
ご紹介します。

求人を書く前にやること

求人を書く前に、
採用ターゲットと自社の魅力を整理することが重要です。

これを決めないと、
すごくフワッとした
求人になってしまうので
誰に向けて、どのようなメッセージを
届けるかということを意識しましょう。

具体的には
採用ターゲットで
ターゲットの現在の職業や年齢、性別は
もちろん、その人の家族構成や趣味、性格、
現在感じていることまで詳しく設定していきます。

ここを詳しく決めれば決めるほど
採用ターゲットがどのようなことに
不満や不安を感じているかより明確にすることができ、
次の自社の魅力の整理に生かすことができます。

続いて自社の魅力の整理ですが、
採用ターゲットに対して
自社のどのような部分が魅力に感じるか
ピックアップしていきます。

ここで注意しなければいけないことが
自社の魅力ではなく、特徴を書き出していないか
ということ。

例えば、
「社員数が20名以下の会社」は特徴であり、
「社員数20名以下の会社だから裁量権広く持って働ける」
ということが求職者にとっての魅力になります。

特徴と魅力。
ここを注意しながら
自社の魅力をピックアップして
みてください。

営業採用の求人を書くポイント

求人を書く事前の準備が終わったら
具体的な求人の書き方です。

職種名、仕事内容、年収例
の各項目に分けて具体的に紹介します。

職種名

職種名は求職者が最初にチェックする項目です。
ここで求人の詳細を読んでもらえるかどうかが決まります。
そのため、どんな仕事なのか、働くメリットが
一目で分かるように書くことがポイントです。

ポイントとしては職種名だけでなく、
インセンティブや地名、応募資格などを
職種名に記載すると求人の詳細を読んでもらい
やすくなります。

仕事内容

求人の中で最も重要な項目になります。
単に仕事内容を書くのではなく、
求職者に働くイメージを持ってもらうために
5W1Hに沿って書くと分かりやすい求人になります。

具体的には1日の仕事の流れや成約までの流れ、
どのような教育制度があるかなど詳しく書くと
志望度が格段に上がります。

給与・年収例

求職者は今よりももっと稼ぎたいと
多くの方が思っています。
そのため、月給の他に手当てなどを
詳細に記載することはもちろんですが、
ある方の給与モデルを例に上げたり、
なぜそれだけの金額をもらえるのか
しっかりと根拠を上げて記載することが
志望度をあげる仕掛けにつながります。

ハローワーク求人作成ノウハウ無料プレゼント!!

いかがでしたでしょうか?
もし具体事例を知りたいという方が
いらっしゃいましたら
以下のURLより弊社が作成した
求人をダウンロードすることが
できますのでぜひご覧くださいませ。

https://docs.google.com/forms/d/1G0NTzPF64PyjZjQyOPHbCyDEO5bbEGewN4Kv8DVR0Lo/edit

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2019年、新卒で株式会社シナジーへ入社。 ビルメンテナンス事業部、人材派遣の仕事に従事したのち、 現在の経営採用支援事業部へと異動。 自らの現場経験や年間100人以上の求職者との面談経験を生かし、 新卒・中途問わず、求める求職者に魅力を感じてもらう採用活動の設計を 一括でサポートしている。 特にハローワークを活用した採用活動の支援を得意としており、 企業側が見つけきれなかった自社の魅力を見つけ出すことに強みを持つ。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録