採用担当者向け
2021/12/25 (土)
樋野 竜乃介

2020年に転職した人の約6割が、コロナ収束後にまた転職することを希望している

Pocket
LINEで送る

株式会社マイナビによると、2020年に転職した人に対し
「コロナ収束後に再転職をしたいか」と質問したところ、
「また転職したい」と回答した人は全体の58.6%であることが
わかりました。

「また転職したい」と回答した人の割合が最も高かったのは、
現在「サービス職」に従事している人で、
その割合は66.7%でした。

この結果から、
コロナ収束後は雇用の流動性がさらに加速することが予想されます。
そのため、採用活動を考えている企業は、今のうちから求人活動の準備を進めるとともに、
優秀な人材にいかに自社に残ってもらうかを考えなければなりません。

コロナ収束後の採用活動において取組むべきこと

2020年6月から2021年7月の間に転職活動をして、実際に転職した人は1.9%、
前年調査の2.7%から0.8pt減少しています。

正社員の転職活動は新型コロナウイルス感染症の拡大前と
同程度に活発化しています。
しかしコロナ禍では経験者の求人が増加しており、
実際に転職できた人は減少していることが同調査でわかりました。

また、「コロナ収束後にまた転職したい」と回答した人が
希望する転職の仕方について調べたところ、
「現職とは異なる業種、職種で再転職したい」と
65.0%が回答していました。

この結果から、未経験者でも良いから若い人材を採用したい企業は、
しっかりと採用活動の準備を進めることで、
コロナ収束後に採用できるチャンスが広がります。
そのため、まず未経験の方はどのようなことを求めていて、
どのような企業に魅力を感じるかしっかり考えなければなりません。

自社にその魅力や求めることがあるのであれば、
求人内容に反映させなければいけませんし、
なければ自社の魅力を作っていかなければなりません。
ぜひその視点から考えてみてください。

未経験者求人作成において注意すること

1.仕事内容のイメージができるかどうか

未経験者は、仕事内容に興味があっても
「自分にできるのか」ということに関して
とても不安に感じています。
仕事経験がなく、具体的なイメージがわきづらいためです。

しっかりと未経験者でもイメージができるように、
1日の仕事の流れやできる限り具体的な数字を記載しましょう。

2.研修制度やサポート体制が充実しているか

求職者のタイプにもよりますが、
入社していきなり仕事を任されるとなると不安に感じます。
OJTを行うにしてもしっかりとサポート体制が充実しているか、
属人的な教育ではなく、会社としてルールが明確かどうか、
1on1など相談しやすい制度が整っているかどうかなど
社内での教育制度や研修制度を1度見直してみてください。

充実した教育制度があるのであれば、しっかりと求人内容に
反映されることをお勧めします。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
株式会社シナジー経営・採用支援事業部ぐっともっとGrに所属 中小企業の採用アドバイザー、大学生の就職アドバイザーとして活動。 新卒、中途、外国人とあらゆる角度からの中小企業の採用をサポートする。 求職者視点での企業の強みを言語化、ターゲットとなる人材へ訴求する求人を作成し、採用活動の企画運営を行っている。 また今までに200人以上の大学生の就職相談を受け、キャリア構築のサポートも行う。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録