採用担当者向け
2022/04/25 (月)
樋野 竜乃介

新入社員教育の意外な壁とは?

Pocket
LINEで送る

4月に入り、新入社員が入社されたという企業も
多いのではないかと思います。
今回、新入社員教育で気をつけるべきことをまとめました。

声掛け・フォローはしすぎない

やるべきこと・役割・期待する成果を伝えたら、
途中で確認やチェックの声掛けをしすぎないようにしましょう。

新入社員は仕事に慣れていないため、
ついつい「あれやった?」「大丈夫?」と
心配になって確認してしまうことがあると思います。

ただ声掛けやフォローのしすぎは、かえって逆効果です。
なぜなら、

  • 言われないとやれない
  • フォローされるのが当たり前

というマインドになってしまいます。

新入社員の成長のためにも、フォロー・声掛けは
最低限にとどめ、ある程度任せることも重要です。

 

言葉の定義やルールを明確にする

自社で独自に使っている言葉やルールがあると思います。
言葉の定義やルールの目的をしっかりと伝え、
覚えてもらうことはとても重要です。

共通の言葉を使い、同じルールのもと仕事をすることで
社内でのコミュニケーションをスムーズに取れ、
既存の社員との距離を縮めることができます。

そこで、見直してみていただきたいのが、
自社で曖昧なルールはないかということ。

例を挙げると、
書類は多少粗くても早く出す方が良いのか、
ギリギリになっても完成度が高いものを出す方が良いのか

メールで連絡する時と電話で連絡する時を、
どのように使い分けるか など

それぞれ社員の感覚で判断しているものが
各社であると思いますので、
ぜひこれを機に見直してみてください。

以上、新入社員教育で気をつけるべきことを
2つほどご紹介しました。

苦労して採用した新入社員を、
今後の会社を担う人材に育成できるよう、
今回の記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
株式会社シナジー経営・採用支援事業部ぐっともっとGrに所属 中小企業の採用アドバイザー、大学生の就職アドバイザーとして活動。 新卒、中途、外国人とあらゆる角度からの中小企業の採用をサポートする。 求職者視点での企業の強みを言語化、ターゲットとなる人材へ訴求する求人を作成し、採用活動の企画運営を行っている。 また今までに200人以上の大学生の就職相談を受け、キャリア構築のサポートも行う。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録