採用担当者向け
2023/02/25 (土)
樋野 竜乃介

スカウト文作成のコツ

Pocket
LINEで送る

最近、採用活動ではスカウトが多く利用されてきています。
しかしスカウト文の作成に頭を悩ませている方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて
スカウト文作成のコツをまとめていますので、
参考にしていただけますと幸いです。

 

①冒頭で「どのような会社」の「誰から」
 送られてきたか分かるようにする
冒頭での自己紹介はとても重要です。
求職者は自社を知らないことがほとんどです。

そのため会社名だけでなく、どのようなことをしている会社なのか
簡潔に説明するのがおすすめです。

さらに「誰から送られてきたか」が伝わることも重要です。
名前だけでなく、「役職名」や「普段行っている業務」などを
付け加えるといいでしょう。

スカウトの本気度を示すために、「代表名」や「役職上位者」で
スカウト送信することで会社の熱意を伝えることができ、
スカウトの返信率を高めることができます。

②「なぜあなたにオファーしたのか」が
 分かるような内容にする

なぜ他でもない「あなた」にオファーしたのかが
求職者に伝わることも重要です。

例えば、求職者の職務経歴やこれまでの経験などをふまえて
「〇〇という経験を拝見し弊社の〇〇職がフィットするのではと感じて、
オファーしました」という一文を入れることで
「特別なオファー」として受け取られ、返信率が高まります。

③任せたい業務や自社の目指すべき方向、
 解決したい課題を具体的に記載する

求職者に任せたい業務や役割とともに、
現在の職種を募集している背景や目指すべきビジョン、
現在の解決したい課題を記載しましょう。

そうすることで求職者は納得感をが高まりますし、
入社後のイメージをしやすくなるため、
より興味を持ってもらいやすく、ミスマッチの回避にもつながります。

以上、スカウト文作成におけるコツを記載しました。
ぜひ参考にしてみてください。

無料相談のご案内
自社の具体的なスカウト文や現在のスカウトの手法に関して
相談してみたい方向けに無料相談を行っております。
ぜひお気軽に下記URLよりお申込みください。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
株式会社シナジー経営・採用支援事業部ぐっともっとGrに所属 中小企業の採用アドバイザー、大学生の就職アドバイザーとして活動。 新卒、中途、外国人とあらゆる角度からの中小企業の採用をサポートする。 求職者視点での企業の強みを言語化、ターゲットとなる人材へ訴求する求人を作成し、採用活動の企画運営を行っている。 また今までに200人以上の大学生の就職相談を受け、キャリア構築のサポートも行う。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録