採用担当者向け
2023/12/25 (月)
樋野 竜乃介

特定技能外国人の定着のためには?

Pocket
LINEで送る

人手不足に対応するために、
多くの企業が特定技能外国人の受け入れを行うようになりました。
多くの企業が悩まされているのが、特定技能外国人の転職です。

技能実習制度も新制度への移行で、
転職ができるようになる見込みですが、
どうすれば離職を抑えられるのか、ポイントをまとめました。

Point① 給与設定

仕事を選ぶ際の基本要因として、
特定技能者は給与、特に可処分所得がどの程度あるか
ということを非常に重視しています。

もちろん、給料だけで転職を決めるわけではないですが、
独自のネットワークで、日々、求人等の情報共有をしており
より高待遇の求人があれば、転職する可能性も高いです。

同じ業種の平均はどのくらいかということを
しっかりとリサーチし、可能な範囲で給与設定することが重要です。

Point② ライフステージ変化への理解

 20代半ば~30代前半の特定技能者は、
結婚・出産・親の介護などの
大きなライフイベントを迎えることが多いです。
このため、長期休暇や運転免許取得の希望が増える傾向があります。

企業としては、これらを理解し、
法律や企業独自のルールをきちんと説明することが大切です。
柔軟な対応を心がけ、双方が納得できる形を追求することが望ましいです。
また、国によって、大事なイベントや祭日など
特徴的なものもありますので、文化の理解を深めることも重要です。

Point③ 成長できる環境の提供

給与だけでなく、自己成長の機会も特定技能者にとって重要です。
具体的な仕事内容をしっかりと説明し、
将来のポジションやキャリアのイメージを共有することで、
彼らの成長をサポートする環境を提供することが大切です。

また、日本語能力をもっと上げたいと感じている外国人も多いです。
日本語学習の機会の提供は義務化されていますが、
どのような日本語学習があったら良いのか、
しっかりとコミュニケーションを取ることが重要です。

Point④ 職場の人間関係の良好さ

良好な職場の人間関係は非常に重要です。
定期的なミーティングや面談、さらには食事会や社員旅行など
様々な取組みを行う企業も増えてきています。

最も重要なことは、個人はもちろん、出身国について興味を示すことです。
例えば国旗を掲げたり、他国の文化を取り入れたりするなど、
出身国に興味を持っていることがわかるだけでも非常に嬉しいと感じるようです。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
株式会社シナジー経営・採用支援事業部ぐっともっとGrに所属 中小企業の採用アドバイザー、大学生の就職アドバイザーとして活動。 新卒、中途、外国人とあらゆる角度からの中小企業の採用をサポートする。 求職者視点での企業の強みを言語化、ターゲットとなる人材へ訴求する求人を作成し、採用活動の企画運営を行っている。 また今までに200人以上の大学生の就職相談を受け、キャリア構築のサポートも行う。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録