SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/07/14 (金)
杉原里志

【商品力】を決める4要素                                                                                  

誰も気にしないと思いますが、
昨日もブログ更新はしています。

なぜ毎日ブログを更新しているかというと、
2人の友人にブログを書く方がいいと進められ、
とりあえず書くと約束をしたからです。
毎日書いている人、本当に尊敬します。

昨日のブログは
クオリティに課題があり、
FBでシェアしていませんでした(T_T)

昨日のブログはこちら
23:42に更新しています。
悩みながら書いたと察してください(笑)

来週はプレジデントアカデミー
経営の12分野のブランディングがあるので、
あらためて簡単にその説明を入れておきます。

経営力を決める3大分野

経営力は、突き詰めて考えていくと、
3つの要素から成り立っています。

1.商品力
売り物を生み出す力
2.営業力
売り物を売る力
3.管理力
経営活動のすべてを円滑にマネジメントする力

経営力は、この要素の「かけ算」で決まります。

経営力=商品力×営業力×管理力

少し注意が必要なのは、
一つの要素が「0」になると、
全体も「0」になってしまう可能性があるということ。

最終的にはバランス良く
それぞれの力を高めていく必要があります。

たとえば、
商品力の高い魅力的な商品を持っていて、
それを多くの人に売る力があって
売上が上がっていたとしても

それらが売掛で売られていて、
管理力がなく代金回収ができなければ
黒字倒産してしまう可能性があるということです。

プレジデントアカデミーの
経営の12分野では、
このことを最初に伝えています。

7月に開催する
ブランディングというジャンルは、
商品力というジャンルになっています。

商品力を更に4つの価値に分類し、
商品を通して顧客をファンにすることそれぞれで考えます。

商品力とは

商品は基本的に「4つの価値」があってはじめて売れます。
商品力を高めるには、
商品の機能的な価値である
「絶対価値」だけに目を向けてしまうことが多いのですが、

実は4つの価値を総合して商品の価値を決めています。

商品力の4つの価値

  • 存在価値  ← ミッション
  • 絶対価値  ← 商品機能
  • 相対価値  ← ポジショニング
  • 認知価値  ← ブランディング

 

ですから「4つの価値」のそれぞれの
価値に配慮して、
それぞれを高めていかないといけません。

「顧客をファンにする」
レベルを目指すために取組むべきなのが
上記の4つの商品価値です。

ポジショニング

先月行ったセミナー内容の
ポジショニングですが、
ブルーオーシャン戦略も、
ポーターの競争戦略も、
空白マーケティングも

ポジショニング戦略だといえます。

▲先月ポジショニングを担当したガイドの小濱亮介

市場における自社の相対価値を
徹底的に考えることなのですが、
優れたビジネスは
ポジショニングが秀逸です。

この様な形で、
それぞれの3つの要素を
さらに4つに分解して
全部で12の分野にしているのが、
経営の12分野です。

ブランディングとは

ブランディングとは、
実際に購入してもらう顧客の
頭のなかにその商品の価値を届けること。

どれ程優れた商品を持っていても
それを顧客が認知しなければ、
商品価値がないのと同じこと。

商品力の最後を決めるのが、
ブランディングなのです。

ブランディングというと、
少しチャラチャラした響きが
あるかもしれませんが、
かなり真面目なコンテンツです。

そして、商品力を真面目に考えると
認知価値(ブランディング)
だけでもダメなのです。

しつこいようですが市場における、

  • 存在価値  ← ミッション
  • 絶対価値  ← 商品機能
  • 相対価値  ← ポジショニング
  • 認知価値  ← ブランディング

を、バランス良く高めていってください。

【お知らせ】 経営の12分野  ブランディング

7月の経営の12分野のテーマは、
ブランディングです。

先月のポジショニングに引き続き、商品力について掘り下げます。
経営の12分野は会員制ですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

申込みは、こちら

ブランドの核は顧客を超えた「ファン」の存在です。
そのように考えるとブランディングは「ファンづくり」です。

「どうやったらお客さんがファンになってくれるのか?」と徹底的に考えましょう。
お客さんをファンにしようというと、
「そんなことできないよ」「無理だよ」と思うかもしれません。

そこでお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、
知識としては理解できているとは思うものの、
なかなか実践に結びつけられず苦戦している、
という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。

講師 黄塚 森

「起業の学校」アントレプレナーアカデミーを浜口と共に立ち上げ全体を統括する。社内外のマーケティングに携わり、webサイトや印刷物のデザイン・作成から集客、販売までを一気通貫でこなすマルチプレイヤー。読者2万人を超える社内メールマガジン、社外向けの記事 作成にも携わる他、年間延動員数3,000人を誇る人気経営セミナー「経営の12分野」シリー ズの企画など、コンテンツ制作を得意とする。

【広島】8月26日(土)新卒予定者スカウト型イベントを行います。

Gメン32~採用したいのに採用できない中小企業のための新型・新卒採用イベント~

中小企業の新卒採用は、32人の学生に会うだけで完結する。

『Gメン32』に参加していただきたい中小企業
・手足としての人材ではなく、将来、組織の核になるような人材を求めている
・経営者自らがイベントに参加し、学生を口説ける意欲がある

このような考えをお持ちの企業さまのご参加をお待ちしています。

『Gメン32』イベント当日の流れ

1.シナジーが学生と1対1での面談を繰り返し、絞り込んだ学生のみを、イベントに動員。

2.学生による自己PR説明を聞いたあとで、興味のある学生を指名し、個別面談を行う。

3.学生:企業の参加者=1:1という組み合わせで、面談1回当たり30分、延べ8人との面談(延べ4時間)。1企業から2名が参加するので、接触人数は16人。2回のイベントで、合計32名の学生の中から、最終面接に近い状態でじっくり話ができる。

 

4.欲しい人材を口説き、会社訪問に結びつける。

 

『Gメン32』参画企業のメリット

メリット①中小企業に興味ある人材と会える。

事前に個別面談を繰り返すことにより、中小企業に興味がある、意欲の高い学生だけをイベントに集客。
ナビ・合説型)大手に行きたい学生がほとんど。

メリット②確実に口説ける。

32人の学生と、1人30分間ずつ確実に個別面談でき、じっくりとお互いを知ることができます。
ナビ・合説型)欲しい学生に会えるかどうかは運次第。確率は、限りなく0。

メリット③手間がかからない。

採用前半戦の手間を、シナジーが代行。社長とエース社員1名が、2日間、合計8時間のみ参加すればOK!
ナビ・合説型)いい人材を口説くために、エース級社員を何ヶ月も拘束。

メリット④費用対効果が良い。

イベント参加費用のみ。毎年、40万円の参画費用ですみます。
ナビ・合説型)合説に出るためにナビに掲載、といった理不尽なルール。

お申込み、お問い合わせはこちら

Gメン32~採用したいのに採用できない中小企業のための新型・新卒採用イベント~

この記事を書いた人
株式会社シナジー 取締役 キャリアコンサルタント 広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP