SYNERGY

オススメ記事
2017/07/15 (土)
杉原里志

【ミッションを表現している会社が選ばれる】                                         

Pocket
LINEで送る

久しぶりの山内栄人さん。
もう何年続いてるでしょうか。

2010年、無名のコンサルタントだった彼。
そうはいっても東証1部のコンサルタントなので学ぶことも多くありました。

1番学びになったのは、
彼が無名の頃から「業界を変える」
とかデカイことを言って
今では業界屈指のコンサルタントになり
独立して、多くの仲間がいること。

彼は、デカイことを言ってる割に、
やってることは地道。

むしろ、地味だ。
コレはすごいことです。

デカイことを言う人は、
大体やってることはデカイけど
雑なことが多く、
しらけさせられることも少なくありません。

成長してるんだろうけど、
言ってることも、やってることも
変わらない彼を見て、
「よし、またコツコツやろう」
と、思えた土曜日。

こうやって会いに来てくれるってことは、
とても有難いことです。

高付加価値型アウトソーシング研究会前からだから、7年以上。

惰性ではなく、
馴れ合いでもなく、
理想のビジネスを目指して、
今後も研究していこうと思います。

山内栄人さんが運営している
高付加価値アウトソーシング研究会の情報

 

ミッション

山内栄人さんが経営する
株式会社人材ビジネス経営研究所の
ミッションは、

”はたらく”(労働)をよりよくすることで、明日の日本を​応援します。

1.一人でも多くの人にディーセントワーク(働き甲斐のある人間らしい仕事)を!

2.人材ビジネス業界の健全化と地位向上を目指す!

というものです。

この2つで良いところは、
自分の使命から逃げていない感じが伝わります。

社名が、
人材ビジネス経営研究所

ミッションが、
”はたらく”から明日の日本を​応援する。

この2つから専門性が感じられます。
この専門性を感じさせる会社は、
選ばれやすくなります。

この社名に、
私はこのビジネスに命をかけています
と言わんばかりの心意気が感じられるからです。

人は、そういう人や会社からモノを買いたいし、
仕事を任せたいものです。

ですから
「ミッションを表現している会社」
が選ばれるのです。

社名って大事ですね。
社名で表現できなければ、
ミッションをしっかりと表現する。

名刺や、封筒、ホームページなど。
みなさんはどれくらい表現していますか?

【お知らせ】 経営の12分野  ブランディング

7月の経営の12分野のテーマは、
ブランディングです。

先月のポジショニングに引き続き、商品力について掘り下げます。
経営の12分野は会員制ですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

申込みは、こちら

ブランドの核は顧客を超えた「ファン」の存在です。
そのように考えるとブランディングは「ファンづくり」です。

「どうやったらお客さんがファンになってくれるのか?」と徹底的に考えましょう。
お客さんをファンにしようというと、
「そんなことできないよ」「無理だよ」と思うかもしれません。

そこでお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、
知識としては理解できているとは思うものの、
なかなか実践に結びつけられず苦戦している、
という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。

講師 黄塚 森

「起業の学校」アントレプレナーアカデミーを浜口と共に立ち上げ全体を統括する。社内外のマーケティングに携わり、webサイトや印刷物のデザイン・作成から集客、販売までを一気通貫でこなすマルチプレイヤー。読者2万人を超える社内メールマガジン、社外向けの記事 作成にも携わる他、年間延動員数3,000人を誇る人気経営セミナー「経営の12分野」シリー ズの企画など、コンテンツ制作を得意とする。

【広島】8月26日(土)新卒予定者スカウト型イベントを行います。

Gメン32~採用したいのに採用できない中小企業のための新型・新卒採用イベント~

中小企業の新卒採用は、32人の学生に会うだけで完結する。

『Gメン32』に参加していただきたい中小企業
・手足としての人材ではなく、将来、組織の核になるような人材を求めている
・経営者自らがイベントに参加し、学生を口説ける意欲がある

このような考えをお持ちの企業さまのご参加をお待ちしています。

『Gメン32』イベント当日の流れ

1.シナジーが学生と1対1での面談を繰り返し、絞り込んだ学生のみを、イベントに動員。

2.学生による自己PR説明を聞いたあとで、興味のある学生を指名し、個別面談を行う。

3.学生:企業の参加者=1:1という組み合わせで、面談1回当たり30分、延べ8人との面談(延べ4時間)。1企業から2名が参加するので、接触人数は16人。2回のイベントで、合計32名の学生の中から、最終面接に近い状態でじっくり話ができる。

 

4.欲しい人材を口説き、会社訪問に結びつける。

 

『Gメン32』参画企業のメリット

メリット①中小企業に興味ある人材と会える。

事前に個別面談を繰り返すことにより、中小企業に興味がある、意欲の高い学生だけをイベントに集客。
ナビ・合説型)大手に行きたい学生がほとんど。

メリット②確実に口説ける。

32人の学生と、1人30分間ずつ確実に個別面談でき、じっくりとお互いを知ることができます。
ナビ・合説型)欲しい学生に会えるかどうかは運次第。確率は、限りなく0。

メリット③手間がかからない。

採用前半戦の手間を、シナジーが代行。社長とエース社員1名が、2日間、合計8時間のみ参加すればOK!
ナビ・合説型)いい人材を口説くために、エース級社員を何ヶ月も拘束。

メリット④費用対効果が良い。

イベント参加費用のみ。毎年、40万円の参画費用ですみます。
ナビ・合説型)合説に出るためにナビに掲載、といった理不尽なルール。

お申込み、お問い合わせはこちら

Gメン32~採用したいのに採用できない中小企業のための新型・新卒採用イベント~


 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

シナジーからの最新情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録