SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/08/10 (木)
杉原里志

小さな会社が採用をするときに、最初にやるべきこと                    

優秀な学生は、待ちの構えだけでは
採用することができません。

採用の網を広げて積極的に優秀な学生に会い、
スカウト活動を組み合わせていく必要があります。

小さな会社では、
やはり社長が採用プロジェクトの先頭に
立つと成功率が飛躍的に向上します。

逆に、新卒採用がうまく行っていない
会社で多く見られることは、
新卒採用をすべて若手や人事に
投げているケースです。

大企業ならそのほうが効率的かもしれませんが、
小さな会社が”分不相応な採用”を
するのであれば、社長が先頭に立つことが重要になります。

小さな会社が採用活動をするときは、
ぜひ、社長が先頭に立つことを最初に決めてください。

なぜ、人事や若手に投げると
うまくいかないかというと、

いわゆる一般的な人事業務と、
人を口説いて成果を出す採用業務とは、
社員に求められる資質が全く違う
からです。

一般の社員が業務で求められる人事活動は、
決められたルールを運用する、給与計算をする、
評価制度を運用してもらう、
それに伴った昇進昇格を管理する
という活動になります。

なので、そういった社員が採用を計画すると、
大手が行うような”待ちの採用計画
を立て、それを忠実に実行しようとします。

ですが、優秀な学生は待ちの構えだけでは
採用できません。

採用の網を広げて
積極的に優秀な学生に出会い、
スカウト活動を組み合わせていく

必要があります。

事務能力が高い人材では成果がでないのです。

社長が採用の先頭に立たなければならない
理由は他にもあります。

採用担当者のゴールは、
計画の人数の社員を採用すること。

社長のゴールは、
新卒採用を行って、
会社の成果を上げること
です。

何年も先のゴールを見据えて、
来るべき変化のときに備えて、
優秀で多様な人材を採用しようとするのが
経営者である社長ですが、
その判断ができない担当も多い
ものです。

社長が採用の先頭に立たないといけない
最後の理由は、

社長ではないと、
優秀な学生が口説けない
ことがあるからです。

いち担当者では、学生に対して
約束できないことがあります。

例えば、
将来こんな展望を考えている。
それを、君に担って欲しい。
といった話は、
いち社員ではできないものです。

いまはまだ形すらない将来の事業を
確信をもって語れるのは社長だけ
です。

担当者では、いまあるものを材料にしか、
なかなか口説けないものです。

社長がこうしたい!
と、語ることは嘘ではありません。

社長のその想いに、社内からも影響を
受ける社員が現れる可能性もあります。

効果は、優秀な学生を口説くだけではなく、
いくつも広がっていくものなのです。

小さな会社の社長は、
採用の最前線にでるべきなのです。

プレジデントアカデミー 経営の12分野 8月23日(水) 18:00~21:00 集客力

申込みはこちら

多くの会社が「集客」できない、たった1つの理由

集客は、営業活動の中で
「最も難しい分野」と言われます。

それは不確実性が高く、具体的にやるべきことも
よくわからない場合が多いからです。

しかし世の中には、そんな状況の中でも、
集客に不自由しない会社も存在します。

十分に集客できている会社と、
できていない会社とは、
いったい何が違うのでしょうか。

実は、多くの会社が十分に集客できない理由は、
「たった1つ」しかありません。

いったい、その理由とは何なのでしょうか?

あらゆる集客システムに共通する、3つのステップ

集客は、全ての会社にとって
かけがえのない役割を担っています。

だからこそ、社長自身や社員が
手を動かし、汗をかいて、お客さまとの関係性を
つくっていくことが重要です。

ただし、そういった「属人的な」集客には、
やはり限界があるもの。

ある段階を超えて会社を発展させるには、
集客を自動化し
「集客システム」をつくっていく必要があります。

それでは、そういった「システム」は
どうやって創ればよいのでしょうか。

実は、あらゆる集客システムには
共通する「基本形」があります。

大企業も、小さな会社も、
全ての集客システムは「3つのステップ」で
つくられているのです。

セミナーの当日にお伝えする
この「3つのステップ」を押さえれば、
あなたも、自社の集客システムを
創りはじめることができます。

さらに、そういったシステムをつくるためには、
人の心を動かす「文章の力」も重要です。

今回のセミナーでは、
そういった「文章のつくり方」についても
押さえておくべきポイントをお届けします。

ぜひ、この機会に自社の集客の「自動化」に向けた
はじめの一歩を踏み出してください!

8月23日(水) 18:00~21:00 集客力

申込みはこちら

▼プレジデントアカデミー【広島校】紹介動画

▼ぜひ読んでおいてほしい、過去のブログ

ミッションをつくるのは、難しい

タマゴが先か、ニワトリがさきか。

【広島】8月26日(土)新卒予定者スカウト型イベントを行います。

Gメン32~採用したいのに採用できない中小企業のための新型・新卒採用イベント~

中小企業の新卒採用は、32人の学生に会うだけで完結する。

『Gメン32』に参加していただきたい中小企業
・手足としての人材ではなく、将来、組織の核になるような人材を求めている
・経営者自らがイベントに参加し、学生を口説ける意欲がある

このような考えをお持ちの企業さまのご参加をお待ちしています。

『Gメン32』イベント当日の流れ

1.シナジーが学生と1対1での面談を繰り返し、絞り込んだ学生のみを、イベントに動員。

2.学生による自己PR説明を聞いたあとで、興味のある学生を指名し、個別面談を行う。

3.学生:企業の参加者=1:1という組み合わせで、面談1回当たり30分、延べ8人との面談(延べ4時間)。1企業から2名が参加するので、接触人数は16人。2回のイベントで、合計32名の学生の中から、最終面接に近い状態でじっくり話ができる。

 

4.欲しい人材を口説き、会社訪問に結びつける。

 

『Gメン32』参画企業のメリット

メリット①中小企業に興味ある人材と会える。

事前に個別面談を繰り返すことにより、中小企業に興味がある、意欲の高い学生だけをイベントに集客。
ナビ・合説型)大手に行きたい学生がほとんど。

メリット②確実に口説ける。

32人の学生と、1人30分間ずつ確実に個別面談でき、じっくりとお互いを知ることができます。
ナビ・合説型)欲しい学生に会えるかどうかは運次第。確率は、限りなく0。

メリット③手間がかからない。

採用前半戦の手間を、シナジーが代行。社長とエース社員1名が、2日間、合計8時間のみ参加すればOK!
ナビ・合説型)いい人材を口説くために、エース級社員を何ヶ月も拘束。

メリット④費用対効果が良い。

イベント参加費用のみ。毎年、40万円の参画費用ですみます。
ナビ・合説型)合説に出るためにナビに掲載、といった理不尽なルール。

お申込み、お問い合わせはこちら

Gメン32~採用したいのに採用できない中小企業のための新型・新卒採用イベント~

経営をアップグレードしよう!【中小企業向けERP】

すべての業務がひとつにつながるクラウド経営システム「ALL-IN」

この記事を書いた人
株式会社シナジー 取締役 キャリアコンサルタント 広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP