SYNERGY

杉原活動記
2018/04/29 (日)
杉原里志

値付け

Pocket
LINEで送る

 

生産性を考えると
仕事の大変さに比例せず

製造業や
不動産業に比べて

サービス業は
生産性が低いという
統計調査があります。

 

サービス業が決して楽だから
生産性が低いわけではない
というのは多くの人が納得
できることだと思います。

 

それでも、サービス業の
生産性の低さは目を見張る
ものがあります。

 

日本生産性本部が行った
調査では

 

日本のサービス業の
生産性は米国の半分
であることがわかり
SNSで大きな話題となりました。

 

「産業別労働生産性水準の国際比較」
と題された調査報告では

 

日本の産業別労働生産性水準を

 

アメリカ、ドイツ
イギリス、フランスの
平均値と比較しています。

 

生産性は就業1時間あたりの
付加価値で算出しています。

 

分析の結果
サービス業では
米国の半分ほどで欧州の7割程度と
低迷していることがわかりました。

 

具体的には、

 

米国の生産性水準を100とした場合
日本のサービス業の平均は50.7%

 

「宿泊・飲食」は38.8%
「卸売り・小売り」では31.5%

 

フランスとの比較では
サービス業全体では71.7%

 

イギリスとの比較では、69.9%
ドイツとの比較では、67.0%
……惨憺たる結果です。

 

日本のサービス業は
過剰サービスだし
これだけ人手を使い
長時間労働なら
生産性が低くて
当たり前かもしれませんね。

 

そしてなによりも
低くなってしまうのは
人は「人件費」という項目
に対してとても敏感で

 

支払いすぎると損をした
気分になりやすいという
心理的なものがあると
考えています。

 

人件費に映る費用は
どうしてもぱっと見て
高い安いといった判断が
成り立ってしまうため
人件費勝負のビジネスは
価格が下がってしまいやすい
という仮説です。

収益性という部分で
考えた場合意外と人件費に
見えないような価格設定を
していかなければ
高い安いという
感覚になるものかもしれませんね。

人は価値があるモノに
お金を支払っているように思いますが
支払うことに対して抵抗が無いものに
しっかりと支払っているのでしょうね。

 

土地とかビルにはお金は出せるけど
家事代行サービスにはお金を出せない
と言った感じでしょうか。

 

値付けは、人件費に見えないようにする
のは一つのポイントかもしれませんね。
 
 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2021年度 新卒採用
ぐっとくる会社って、何色でしょう。
人生いろいろ。型にはめても、はまってもダメ。
ぐっとくる会社の色は、いろいろあっていいものです。

<ぐっと>はいろいろな幅があって自由なものです。
自由って、いいですね。心が晴れます。

お客さまの自由を描くために、私たちは日々頑張っています。
一緒に、「ぐっとくる」を、生み出しませんか。
PAGE TOP

シナジーメルマガ
『ぐっとレター』申込み

経営や採用のお役立ち情報をお届けします。

シナジーメルマガ『ぐっとレター』に登録