SYNERGY

シナジー活動記
2019/07/23 (火)
井垣智寛

紅茶のケーキと貢茶(ゴンチャ)のブランディング

Pocket
LINEで送る

 

 

先日、紅茶のパウンドケーキを作りました。

茶葉と小麦粉がたくさん余っていたので作ったのですが、とても簡単に作れるのでおススメです。

レシピが知りたい方は井垣まで☕️

 

さて、紅茶といえば、世間ではタピオカミルクティーがブームとなっています。

「タピる」という言葉が、2018年度のJC・JK流行語大賞1位を獲得しましたが、それほどに人気を博していますね。

 

先日とあるニュースを見て驚いたのが、「タピオカドリンクに並ぶのはもう古い」という事。

台湾発祥の“春水堂”は、「スマタピ」という、事前にウェブサイトでオーダーできるシステムを導入しており、会計もクレジットカードで済ませて店舗では商品を受け取るのみというサービスが行われています。

 

残念ながら東広島には、スマタピはおろかタピオカミルクティーの専門店すらないので、このニュースを見て少し虚しさも感じました。

 

さて、タピオカが流行として取り上げられ始めたのは約1年前くらいからかな?と思います。メデイアでもよく取り上げられていますね。

多くのタピオカドリンク専門店が海外から日本に上陸したり、日本で誕生していますが、やはり今回のブームの先駆けとなったのはゴンチャではないでしょうか。

そんなゴンチャの戦略が素晴らしいと感じたので、少しご紹介します。

 

ゴンチャとは、タピオカミルクティーを筆頭に2000種類以上にカスタマイズできるお茶専門店で、2015年に日本に上陸して以来、多くの店舗で行列ができるほどの人気ブランドです。

 

注目すべきは、STPのポジショニングではないかと思います。

 

セグメンテーションは、10〜20代。いわゆるZ世代と呼ばれる層です。

ターゲットにはSNS、主にInstagramユーザーに向けて、見た目でも楽しめる工夫がされてます。

ユニークなのはポジショニングで、お茶好きはもちろん、スターバックスやカフェが好きだがコーヒーが苦手な層に向けて打ち出しています。

セグメンテーションでは意外にも性別へのこだわりが大きくはないようですが、その理由として、取ったポジショニングがあるようです。

 

ゴンチャでは、売るものはお茶に限定されています。

一般的なテイクアウト型のカフェでは、コーヒーをメインに、フレーバーティーやジュースなども売ってあります。

しかしゴンチャは、お茶のほかの飲み物を販売しないことで、「お茶専門」のブランドイメージを作りました。

 

さらに、ゴンチャの日本第1号店は原宿の表参道ですが、メインストリートに面した場所ではありません。

しかし、十分に集客は可能でした。

顧客を獲得するために必要なことは、立地よりも“原宿”や“表参道”といったキーワードだったのです。

ストリートを歩く万人の目には止まらなくとも、SNSで拡散、シェアされる層をターゲットに設定しているため、集客が可能という考えですね。

 

こうして、タピオカブームは今、トレンドへと変化している真っただ中にあります。

 

東広島にも、いつか上陸することを期待しています。

 

今回は少し真面目に、ただ食関係という大枠からは逸れずに、ゴンチャのブランディングについて綴りました。

 

明日、その「ブランディング」についてのセミナーがあります。

 

皆様の会社は、どんな方をお客様にしたい、できているでしょうか。また、どのように認知されているでしょうか。

 

ぜひ、そのようなことを考える時間を作ってみてください。

 

★経営の12分野:ブランディング @7/24[広島],7/25[岡山]

https://www.kk-synergy.co.jp/eventinfo/181094/

 

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
2019年 新卒で株式会社シナジーに入社。人材ソリューション事業部に配属。独自の視点と良い意味で人に流されない共感力を持ち、様々な人からIGAKIと覚えてもらえるよう頑張っています。 小中高とサッカーをしており、シナジーフットサル部期待の新星。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30 〜 17:30( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP