SYNERGY

杉原活動記
2018/07/29 (日)
杉原里志

自治体にも、限度がある。

Pocket
LINEで送る

普段どれほどに会話
していても頑なに選挙に
行かない人がいます。

 

会社で経営陣は
ぜひ選挙には行って
欲しいとお願いしています。

 

選挙に行って投票するよう
声掛けはしますが
固定の政党に投票するよう
指示しているわけではなく

国民としての権利の行使と
国民としての義務を果たそうと。

 

若い社員たちはちゃんと
投票所に足を運んでいる
のだろうか…

投票は国民が
果たさなければならない
重要な義務のひとつです。

 

投票なくして
世の中がどうのこうのと
言うのもなんだか違うと
思ったりします。

 

話を戻すと、会社の社員
ではないのですが
選挙に行かない人と
話をしました。

今回の豪雨災害で
実家の親が避難所が遠く
避難勧告とか出されても
いざというときに行けない。

 

行政のひとがもっと
避難所になる集会所の場所
をもっとちゃんと考えて
くれないと困る。

 

と、憤っていました。

 

地域の集会なども
出ない人なので

そういうのを地域の人の
意見として行政に伝えたり
地域の集会で意見出したり
市議会議員等に伝えたり

そういった活動を通じて
行政と一緒に取り組むのが
地域住民の役割だというと

まあまあ、もめます。

 

それは、おかしい!

 

そういったのは
行政がちゃんと
事前に考えるべきだ。

 

ちゃんと税金払ってるんだし!
という。

本当、行政の人って
大変だな…と、実感します。

 

何でもかんでも

国のせい
行政のせい
自治体のせい

行き過ぎた田舎に住めば
都心より行き届かない
ものだってありますし

都心に住めば
どうにも解決し得ない
待機児童問題だって出る。

 

保育園落ちた、日本、死ね。

 

って、問題ではあるけど
どうしようもないものもあります。

 

行政っていっても
限度ってものがあるわけです。

 

これは、何なのだろうと
違和感をずっと考えて
いましたが

ジョン・F・ケネディの
言葉が答えかもしれません。

 

国があなたのために
何をしてくれるのかを
問うのではなく

あなたが国のために
何を成すことができるのか
を問うて欲しい。

 

消防団に参加している
人のように

自分の時間を削って
地域の活動に
参加してくれている
人もいますし

先程の人のように
選挙にも行かず
行政や自治体の責任
ばかり声にしている人もいる。

 

執念なきものは、問題点を指摘し
執念あるものは、可能性を議論する

というけれど
本当にそのとおり。

 

せめて
社員にはそうなって
欲しくはないから

会社では
選挙に行って欲しいと
ずっと伝えています。

 

行政や自治体は頑張ってます。

 

災害時だって
随分と不眠不休と
言えるほどに。

普段だって
未婚者が増えたといえば
街コンだってやるし。

 

国が自分のために
何をしてくれるのかを
問うのではなく

自分が国のために
何を成すことができるのか
を問うくらいの気概がないと
仕事なんてままならない。

 

だから、また後輩に
「選挙いけよ」と、声をかけるわけです。

お知らせ

小さな会社の
ブランドのつくり方とは?

 

「ブランド会社」と言うと、
多くの方が世間で名の通った「一流の会社」を思い浮かべます。

そして、ブランディングとは 「ロゴ」「デザイン」「高級感」などの
「見え方」を考えることだと勘違いしてしまうのです。

しかし実は、 小さな会社が目指すべき「ブランド」とは、
そういったものとは、全く違います。

ここの認識を間違えると、 小さな会社にブランドを生み出すことはできません。

ブランドは勝手には創られない

ブランド力のある会社は、
自らブランドを設計し、努力を重ねることで、 その地位を築いています。

ブランドをつくる上で、まず大切なのが
「大きな方向性」を決めること。

今回の講義でお伝えする「ブランドのABC」を実践すれば、
その方向性は、おのずと見えてきます。

ブランドを会社に落とし込む

大きな方向性が決まったら、
次はそれを、会社の中に落とし込んでいきます。


これからの考え方が、
ブランド化を進める上での大きな力となるでしょう。

ブランドをつくるための、最初で最後の手段

さらに、セミナーの最後にお伝えする
「ブランドをつくるための、最初で最後の手段」を知ることで、
“小さな会社のブランドづくり”の本質を理解できます。

「小さな会社のブランドづくり」セミナー
日時  :8/1 (水) 18:00~21:00(会員様18:30〜)
参加費 :¥5,400(税込)
会場  :ファビット広島
ガイド :杉原 里志
お申込み:http://www.12essentials.jp/schedule/theme3/branding/

 

─── ぐっとくる会社を、もっと。 ───

株式会社シナジー
〜2017ホワイト企業アワード受賞〜
〜注目の西日本ベンチャー100に選出〜
~日経Associe 特集人気注目の企業71に選出~

 

気になった方はこちら
【社長の学校】
プレジデントアカデミー広島校
経営の12分野
【中小企業のためのスカウト型新卒採用イベント】
Gメン32
【すごい!素人をプロデュース!】
得意と働くを繋げる!Jally‘s<ジャリーズ>
【お問合せ】
総合お問合せフォーム
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人
1978年 広島生まれ 株式会社シナジー 取締役 地方中小企業の新卒採用を支援するスカウト型イベントを展開中。小さな会社の採用を成功させるには、「採用力」を高める前に、競争力のあるビジネスモデル、企業力が必要と実感し、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校。自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。 『ぐっとくる会社を、もっと。』を、ブランドスローガンに中小企業を活性化させる活動をしているが、自社でも財団法人次世代普及機構が主催する2017『ホワイト企業アワード』の制度部門で大賞を受賞している。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 8:30~17:30 定休日:土日祝
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2020年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
PAGE TOP