SYNERGY

マイナビ2018
杉原活動記
2017/09/12 (火)
杉原里志

優秀な個人事業主のジレンマ

昨日は、
東広島YEG29年度委員長会。

各メンバー1回目の事業が
終了したので、
打ち上げ的な感じです。

みんな入会時期が近く、
4年前後。

それぞれが、
活動に色々携わり、

自分の役割として
何をするべきか

みたいな
話がたくさんでました。

多かったのが、

□自分でやりすぎないこと。
□みんなでやること。
□任せたことの進捗を確認すること。

これって、
会社経営に近いなって、
感じながら話をきていました。

部下に任せられないな。
と、思っているのであれば、

どうしても
1億円〜2億円で
限界がきます。

それは、
まだまだ自分自身が
現場で活躍しているからです。

社長、あなたでないと
安心して任せられません。

と、顧客から言われてしまい、
営業マンの代替がきかない。

お得意様の要望ですし、
といって、やはり社長が
直接やり取りをするようになります。

社長の手から

営業活動全体が離れて
いかなければ、
10億には届きません。

任せることで、
高い確率で、
営業の質が変わってしまい、

それまで自分が開拓していた
顧客が自社から
離れていってしまう
リスクがあります。

会社が成長するということは、
社長が現場から切り離される
ということです。

売上1億〜2億円までは、
社長がかなり優秀な
個人事業主なのだといえます。

形式上は株式会社であっても、
実態は個人事業主。

顧客を獲得する営業から、
最後の納品、
クレームの対応まで、

社長がすべて
細かく把握しています。

当然、豊富な経験により、
頭と体をフルに駆使して、
様々な活動をしますが、

これが2億の壁を
作り出しています。

経営上の課題というのは、
多かれ少なかれ
他の要素とリンクしていますから、

一概にこれだけが問題です
と、決めることができませんが、

その中でも問題となるのが、
やはり、人です。

企業が抱えるマネジメントの
課題は、その殆どが人の問題です。

その規模までは
実質的には個人事業主で

他の社員のことは
あまり問題になりません。

ですが、2億を超える成長を
目指そうとしたとき、

増えていく社員と
どのように向き合うか。

自分の仕事はできても、
他人の教育という仕事が
できない社長が多いのです。

それも当然で、
起業できるほどの人材は、

誰から教わったわけでもなく、
見て覚え、ノウハウを盗み、
社員教育らしいものを
受けている人が少ないもの。

誰から教わったわけでもない、
部下への教育が疎かに
なりがちな社長が多くなります。

教育をしたから、
ゴールと言うものでもありませんし、

教育をした人材が伸びるとも、
辞めないとも言えません。

ここにジレンマが発生するんでしょうね。

なので経営そのものの
設計図をつくらないと
いけません。

設計図の作り方は、
ぜひ、


社長が現場を離れるために
必要な7つのこと

に、ぜひ参加してみてください。

今なら早割で、
さらにお得です。

さらに今回は早割価格もご用意させていただきました。
9月19日(開催1ヶ月前)までのお申込みに限り参加費3,000円とさせていただきます。

ぜひ、今すぐにお申込みください!

主催はシナジー×ビジネスバンクグループ

この記事を書いた人
次世代に残すべき企業を称える「2017ホワイト企業アワード」の制度部門で大賞を受賞した、株式会社シナジーの取締役、キャリアコンサルタント。広島で、地方中小企業の新卒採用を支援するスカウトイベント「Gメン32」を展開。中小企業が採用を成功させるには、「ぐっとくる会社」でなければならないと考え、社長の学校「プレジデントアカデミー」を広島で開校し、自身も「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修のガイドを行っている。
お電話でのお問い合わせ
TEL.082-493-8601
〔 受付時間 〕 9:00 〜 18:00( 定休日なし )
メールでのお問い合わせ
SYNERGY 2018年度 新卒採用
シナジーでは、年齢や経験によりスタイルの異なるコンサルタントが多く活躍していますが、
全員一致で「人」という視点から企業の成長支援のため、日々頑張っています。
こういった部分に共感してもらえる人を求めています。
あなたも「元気のきっかけを創り出せるひと」になりませんか。
マイナビ2018
PAGE TOP